北イタリア、トリノ旅行記

北イタリア、トリノ旅行記

412月

Buon giorno!

2018年も気付けばもう後1ヶ月。ということで、

今年行った所の情報を備忘録として書いていきたいと思います。

まずは、トリノ!SiciliaWeddingのブログ(リンク)に書きましたが、

友人の結婚式で5月にトリノに行った時に、少し観光してきました。

北イタリア、トリノ旅行記

トリノはチョコレートの町!ということで、

チョコレート屋さんがそこら辺に溢れています。

北イタリア、トリノ旅行記

その中でも一押しは、チョココーヒー…ココアっぽいコーヒー?

「ビチェリン」

コーヒーとチョコレートとちょっとホイップっぽい牛乳を加えたもの。

ココアのような味の中にコーヒーの苦みが。

1度飲むとはまること間違いなし!!

北イタリア、トリノ旅行記

こちらがビチェリンで有名な1763年からあるという老舗カフェ。

Caffè Al Bicerin dal 1763(住所:Piazza della Consolata, 5)

北イタリア、トリノ旅行記

このカフェの前にある教会はトリノでも古い教会の一つ。

Santuario della Consolata。

最初は聖アンドレアに捧げられて5世紀に建てられたと言われています。

その後の改築などを経て、19世紀に完成しています。

12世紀には、盲目のフランスから来た信者が、この場所で神のお告げを得て、

視力を取り戻し、この大聖堂のシンボルを見つけたと言われています。

北イタリア、トリノ旅行記

壁には信者からの捧げ物の銀の飾りが壁一面に。

このタイプの捧げものは、パレルモの聖ロザリア教会にもたくさんあります。北イタリア、トリノ旅行記金で飾られたこちらの楕円形の屋根も素晴らしい。バロック様式の典型なのだとか。

北イタリア、トリノ旅行記

お次は、トリノの大聖堂。

北イタリア、トリノ旅行記

大聖堂の中で見つけたこちらのマリア様は、

テラコッタに色を塗ったもの。両端には後から追加された聖アンナが。

聖アンナは、聖母マリアのお母さんと言われています。

ということは、キリストの祖母になりますね。

中央のマリアを守る母と思いながら見ると面白いですね。

北イタリア、トリノ旅行記

こちらは正面の祭壇ですが、こちらはトリックアートになってます。

北イタリア、トリノ旅行記

そして、この大聖堂で最も有名?と言っていいと思いますが、

キリストが亡くなった時に体を包んでいたと言われる

聖骸布が保存されている礼拝堂。公開は教皇が決めた時という

不定期なため、実物は見れていませんが、やはりこの礼拝堂の前には人だかりが。

写真も人が多かったために、綺麗に撮れてません…

北イタリア、トリノ旅行記

トリノでは至る所で聖骸布の写真(こちらはレントゲン写真?)が飾られています。

などなど、長い文章になってしまいましたが、

トリノにも観光に魅力的な所がたくさんあります。

ぜひ、みなさん北イタリアに行かれる際は立寄ってみてください。

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車・ツアー手配を行っております。

効率的で快適な専用車でシチリアを旅行しませんか。

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

Share Post

About Author

Leave a Reply

  • *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)