1910月

Buon giorno!!

9月の初旬に、シチリア島の中でもピスタチオの産地で有名な

エトナ山の麓の町、ブロンテのピスタチオ農家に行ってきました。

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

ピスタチオは2年に1回収穫が行われ、今年の夏が猛暑だったため、

収穫が少し早まっていましたが、ちょうど収穫の時にお邪魔させていただきました。

日本ではコンビニのおつまみコーナーでしか見たことなかったのですが、

こちらシチリアでは、もちろんお菓子もですが、料理にも

ふんだんにピスタチオを使います。

ピスタチオは栄養価が高く、心臓と血管の健康に役立つ成分が多く含まれており、

ピスタチオ1食分(28グラム、約49粒) には、健康のために必要な

ビタミンやミネラルなどの栄養がたくさん含まれて、

約160キロカロリーしかないとのこと!!

ピスタチオの生産国は、イランが世界一で全体の約50%を占め、

次いでアメリカ含衆国カリフォルニア州、トルコ、シリアの順。

特に風土の関係で収穫量が少ないフランス・スペイン及び

イタリアのシチリア島産のものが甘味、芳香が強く、もっとも良質と言われています!!

シチリアといえば、ピスタチオ!!と言ってもいいくらい。

さて、ピスタチオの木には、雄と雌があるということをご存知でしたか??

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちら、オスの木。

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちら、メスの木。

違いがわかりますか??

メスは実をつけますが、雄は実をつけません。

メスの木100本の中心に、オスの木1本を植えるだけで

実をつけます。なんてハーレム(笑)

収穫したピスタチオの周りの柔らかい皮をむきます(機械で)

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちらにいれて、機械で皮の部分と中の部分をわけてくれます

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

この奥に写っているのが、皮の部分。いい肥料になりそう。

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

そして、次は天日干しします。

オーナーの息子さんが、道具を使って、均等に太陽が当たるように

ピスタチオを転がしています。

そして、殻がついたままと、殻を向いた物に分け、

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちらが殻をむいたピスタチオ。いい色でしょ!?

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

その後、なんと手作りのピスタチオのジェラートを振舞っていただきました。

荒めにひいたピスタチオの粒がおいしい!

今まで食べたピスタチオのジェラートの中で一番でした!!

Siciliawayでは、完全プライベートツアーを行っておりますので、

快適な専用車で、交通環境がまだまだよくないシチリアを効率的に

まわってみませんか?ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

0510月

Buon giorno!!

今回は、パレルモのアラブ・ノルマン建築群として

世界遺産に登録されたジーザ宮殿に関してです!

アラビア語で素晴らしいを意味するAzizからこの名前がつき、

ノルマン王グリエルモ1世が王の別邸として建設を指示し、

その後の後継者グリエルモ2世も使用していたそうです。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

住宅街の中に、どかーんと現れるこちらのジーザ宮殿、迫力があります。

宮殿の前には噴水&広大な庭が広がり、普段は市民の憩いの

場になっています。犬の散歩をする人、走っている人、

サッカーをしている人など。それぞれがリラックスしているように見えました。

宮殿の中に入るには、ジーザ宮殿を正面に見て右側に入り口があります。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

チケット売り場はこちら。6ユーロです。

中に入ると、この宮殿の歴史について説明ボードがあります。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

こちら興味深い。下の絵から、イスラムの建物を思わせる建物に、宮殿の周りには実は池が。

アクセスは裏から?昔は、宮殿の前に小さい建物があったそうですが、今はありません。

絵で見ることができます。

ずいぶん時を経て改築されたのがわかります。

中も金モザイクで装飾されていたそうですが、今は1階の正面出口?しかありません。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

真鍮でできている皿?よく見ると装飾が細かい。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

細い細い通路。ここの壁も修復された部分と、オリジナルの部分が

交じり合っています。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

こちら、今回の第二のお目当て。

当時、パレルモに色々な文化の人々が共存していたことがわかる石碑。

ヘブライ語、アラブ語、ギリシャ語、ラテン語が全部書かれています。

意味は全くわかりませんが(笑)、グローバルな社会をイメージすることができます!

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿こちら、宮殿内部からみたジーザ宮殿。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

1階の正面。こちらは華やかなモザイクがあり、今は水が流れていませんが、

水が流れていたら、とても優雅な雰囲気なのが想像できます。

アラブ・ノルマン建築群の1つ、世界遺産のジーザ宮殿

ちょっと中心地からは離れていますが、歩けない距離ではないので、

お時間ある方はぜひ訪れてみてください。

☆開館時間

 月~土曜  9:00-19:00 (最終入場 18:30)

 日・祝日  9:00-13:30 (最終入場 13,00)

Siciliawayでは、完全プライベートツアーを行っておりますので、

快適な専用車で、交通環境がまだまだよくないシチリアを効率的に

まわってみませんか?ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

218月

Buon giorno!

猛暑が続いております、シチリアです。ピークが終わって涼しくなったかと

思うと、またピークがきたりと暑さに波がある今日この頃です。

しかし、変わらず日中は暑く、夜は涼しいので、

シチリア旅行を予定の皆様は、帽子&日焼け止めクリームを忘れずないように・・・

水分補給もこまめに行いましょう。

さて、2015年にアラブ・ノルマン建築様式郡として街中の教会などが

世界遺産に登録されてから、観光客が増え続けていますが、

その中心地の少しわかりにくい所に、パレルモ州立博物館があります。

ローマ通り沿いの神殿の趣をした、イタリアの郵便局(笑)の横にあります。

しかし入り口はローマ沿いではなく、裏側のオリヴェッラ広場にあります(Via Bara All’Olivella, 24)。

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

Sant’Ignazio all’Olivella教会の横にあります。

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

こちら入り口。

さて、2017年8月現在、内部で改装作業が行われているため、

1階のみ見学可能です。それも無料でした!!

これはうれしいですね、ただ、いつまで改装作業が続くかは、わからない…とのこと(汗)

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

1階のみでも見所はたくさん。まずは、中庭1。

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

ここに噴水があり、亀が10匹?ほどいます。甲羅の上に必死に登ろうとする小亀が、

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

つるつると滑って、上って滑っての繰り返しをしていました…

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

シラクーサのマニアーチェ城で見つかったといわれる羊のブロンズ像。

今にも鳴き声が聞こえてきそう。

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

中庭2

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館これは!!アグリジェントでみ見た、頭だけ入れ替え可能な彫刻像。

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

お偉いさんが交代する度に全身を入れ替えてたら、大変!ってことで、

頭だけ帰るという昔ながらのリサイクル(笑)

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

こちら、とても気になる作品。「スリッパ」と名づけられた浴槽。

足がある横に顔があり、イルカ?も側面についている不思議な形。

1~2世紀の作品。

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

無料!パレルモのアントニーノ・サリナス州立考古学博物館

セリヌンテの神殿の遺跡に残されていた、彫刻がここで見ることができます。

その他にもたくさん展示されています。さっと見てても1時間は必要かなと思います。

ぜひ、パレルモに行った際は、訪れてみてください。

☆施設情報

Museo archeologico regionale “Antonino Salinas”

アントニーノ・サリナス州立考古学博物館

開館時間:火~土曜9,30-18,30

     日曜・祝日 9,30-13,30

     毎週月曜日休館

入場料:無料(2017年8月現在)

Siciliawayでは、完全プライベートツアーを行っておりますので、

お客様のご要望に沿ったツアーを組み立て可能です。

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

028月

Buon giorno!!

こちらはいよいよバカンスシーズン真っ只中で、

海は人が溢れ、逆に街中はガラガラになっています。

今回は、ニューシネマパラダイスについてです。

シチリアで2大有名映画の1つと言ってもいいほど、

シチリアといえば!の映画なのですが、もう1つのゴットファーザーに比べると、

なぜかグッズが見当たらない…

しかし今回、グッズ探しにお客様と一緒にお土産屋さんを駆け回った所、

やっと見つけることができました!

ニューシネマパラダイスのグッズをロケ地で発見!

まずは映画館がセットで建てられていたパラッツォ・アドリアーノにて、

広場にある花屋さんに

ニューシネマパラダイスのマグネットが置かれているのを発見!

こちら、花屋さんの入り口。

ニューシネマパラダイスのグッズをロケ地で発見!

こちら、マグネットの品揃え。

パラッツォ・アドリアーノのマグネットと、ニューシネマパラダイスのマグネットが

混ざっています。1つ3ユーロ。

ニューシネマパラダイスのグッズをロケ地で発見!

私もこちらを購入。爆発前の映画館がしっかり写っています。

さて、次なるロケ地チェファルーにて、

手当たり次第にお土産屋さんに聞きまわった所、

10件くらいないよ・・・と言われ、しまいには、

見つけるのは難しいよ・・・とも言われ諦めかけたその時!

ありました、またしてもマグネット!笑

ニューシネマパラダイスのグッズをロケ地で発見!

絵画版と

ニューシネマパラダイスのグッズをロケ地で発見!

アルフレッドとトトが自転車に乗っている有名なシーン

どちらも3ユーロ。

マグネットしか存在していないみたいですが…名作なので、

もっと出せば売れるのに…とも思いつつ、この貴重なマグネットを

ぜひ、こちらのロケ地行かれたファンの方はゲットしてください!

しかし、今回私たちが買ったため、残っているかわかりませんが…(汗)

ちなみに、発見したのは、中世の洗濯場から海沿いに抜ける道沿いの

お土産屋さんです。(via Vittorio Emanuele沿い)

Siciliawayでは、ニューシネマパラダイスのロケ地を快適な専用車で

回るツアーの手配を行っております。映画の世界に浸ってみませんか??

パレルモ発着のツアーの詳細はこちら

弊社では、完全プライベートツアーを行っておりますので、

発着地の変更なども柔軟に対応しております。(例:パレルモ発、タオルミーナ着)

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

287月

Buon giorno!!

カルタジローネに行ってきました!!

カルタジローネは、陶器の町として有名で、この日は町の中心にある陶器で

飾られた大階段には、植木鉢を並べて絵が描かれていました。

マジック?ワインがこぼれないデキャンタ。

ちょっと手前の改装中の建物が残念ですが…

マジック?ワインがこぼれないデキャンタ。

さて、大聖堂の近くの道をふらふらとウィンドウショッピングをしていると、

とあるお店のおじさんに、面白いもの見せてあげるといわれ、

マジック?ワインがこぼれないデキャンタ。

ノコノコ後ろからついていき、店の中でおじさんの指差しているもの…

マジック?ワインがこぼれないデキャンタ。

卵型をしたデキャンタ??

復活祭仕様かな…80ユーロとはいいお値段…

と眺めていたら、おじさん水を持ってきて、

この容器を裏返し、下にある穴にジャーっと水を流し込み、ふたもせずに

またひっくり返した!!あ、水こぼれますよ・・・・?あら?

水がこぼれていない・・・・

そして、別にもってきたコップに、写真右側についているポチッとついている

注ぎ口から、水をコップに移して、得意顔!こぼれない、すごいだろ?!と(笑)

マジック?ワインがこぼれないデキャンタ。

ほーっとみていると、タネ明かししてくれました。

こちら、この容器を半分にしたもの。

なるほど、だからひっくり返しても水がこぼれなかったのね。納得!!

「うちの店で初めて作って、日本からも取材に来た人がいたよー!マジックみたいでしょー!」

とおじさん。おお、それはすごい!宣伝しよう!と思ったら。

なんとカルタジローネの他の店にも、最近置いてあることが判明(笑)

案を盗まれたのか??(笑)

日本に持って帰るのは大変ですが、小さいおしょうゆ?酢?用も

出ているのを見かけたので、ぜひ、日本へのお土産にして、

みんなをビックリさせましょう!

マジック?ワインがこぼれないデキャンタ。

また、こんなかわいいデキャンタ?水差し?もありました。

ちなみに、このお店の情報はこちら↓↓

名前:Silva Ceramica

住所:Piazza Umberto Ⅰ,19 Caltagirone

HP:www.silvaceramiche.com

クリック→ HPの中の商品説明の所にこちらの商品紹介していました。

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車手配、オリジナルツアーの手配を

行っております。交通が不便なシチリア島で効率的で快適な旅をしませんか?

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

277月

Buon giorno!!

先日パレルモに行った際に、Stigghiola(スティッギョーラ)を食べてきました!!

パレルモは、実はストリートフードの種類が多い町。

パネッレや、クロッケ、パニーノ・コン・ミルツァなどがあります。

今回は、スティッギョーラを紹介します。

スティッギョーラは何かというと、牛や豚や子羊などの小腸、つまりホルモンです。

ヴッチリア市場や州立博物館付近のレストランで食べる事ができます。

今回は、高速道路付近の陸橋の下で屋台を発見!

パレルモのストリートフード「Stigghiolaスティッギョーラ」

こちら、焼いている最中。日本でもそうですが、煙がすごく、

においがすぐ髪の毛や服につきますよね。

パレルモのストリートフード「Stigghiolaスティッギョーラ」

焼いている横に、生の小腸の塊が。

こちらは子牛の小腸との事ですが、10mはあるとのこと(?!)。

子牛の他にも、豚、子羊の小腸も食べるとのこと。

パレルモのストリートフード「Stigghiolaスティッギョーラ」

この長い小腸の端を、鉄の串に刺していきます。

小さく折りたたむように…

パレルモのストリートフード「Stigghiolaスティッギョーラ」そして、1本の串に十分に刺したら、包丁で端を切ります。

パレルモのストリートフード「Stigghiolaスティッギョーラ」

こちら、焼きあがったスティッギョーラ。

串から外して、包丁で一口大に切ってから皿に移し、

セルフサービスの塩とレモンをお好みでかけて食べます!

脂身が日本のモツより多い?

脂が嫌いな人には、少々きついかもしれません…

冷めると油が固まって、本当に脂の塊みたいになってしまうため、

アツアツのうちに食べる事をおススメします。

ぜひパレルモへ旅行の際は、スティッギョーラを食べてみてください!

※市場に行く際は、貴重品の管理には注意して、細い・暗い道には

 入り込まないようにしてください。

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車手配、オリジナルツアーの手配を

行っております。交通が不便なシチリア島で効率的で快適な旅をしませんか?

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

166月

Buon giorno!!

先日、パレルモに行った際に、玉・ラグーサさんの展覧会、

東京とパレルモの架け橋展に行ってきました!

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

玉・ラグーサさんというのは、1861年に生まれ、日本画・西洋画を学び、

日本の美術学校でパレルモ出身のヴィンチェンツォ・ラグーザから西洋画を学び、

そのまま彼と結婚して、彼が帰る際に一緒にシチリアへついていったというお方。

パレルモで絵画を教えつつ、自らも数多くの賞を受賞したとか。

当時は、日本からパレルモまで船で3ヶ月かかる長旅だったとか…

夫が亡くなった後に、日本に帰省したのは51年後との事。

51年ぶりに帰った日本はかなり変わっていてビックリしたのではないかと…

当時はシチリアの人からしたら、日本ははるか遠い国。

彼女の日本画はさぞかし珍しかったことでしょう。

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

こちらの展覧会は、Palazzo Sant’Elia(パラッツォ・サンテリア)で行われています。

Palazzo Sant’Eliaはマクエダ通りに面し、パレルモ中央駅から徒歩約5分です。

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

入場料は、€5,00です。チケット売り場は、入ってすぐ左側にあります。

では、いくつか作品をご紹介します。

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

こちらは、お玉さんが来ていた着物?

今でも珍しがられる着物は当時のパレルモ人達も

興味深深で見ていたことが想像できます。

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

着物を着た女性の絵。色使いが鮮やか。顔が日本人と西洋人の間のような。

永らくシチリアで過ごしたお玉さんは、もはやシチリア人かしていたのではないか…

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

こちら、夫のヴィンチェンソさん。お髭が立派です。

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

写生。すごくきれい。

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

お玉さんが日本から持ってきたであろう鍵穴?がある金箔の貼られた箱。

パレルモで行われている玉・ラグーサさんの展覧会

宗教画も書いていたみたいです。

彼女の残した絵画が本当にたくさん展示されています。

ぜひ、パレルモを訪れた際によってみてください。

7月28日(金)まで月曜~金曜の9:30 – 13:30 / 16:00 – 19:00

の日程で行われています。

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車手配、オリジナルツアーの手配を

行っております。交通が不便なシチリア島で効率的で快適な旅をしませんか?

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

 

056月

Buon giorno!
先日、タオルミーナ近郊のレトヤンニ(Letojanni)にある
レストラン「Ristorante da Nino」行ってきました!

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

タオルミーナの中心街からは車で約15分~20分の所にあるレストラン。
地元では新鮮な魚が食べれたり、ワインの品揃えが豊富な事で有名なレストランです。
実は、G7の時に安倍首相が足を運んだとか!!

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

外観の写真を撮り忘れたので、ネットより(Googlemap)
こちら外観の写真。

このレストランは、海岸沿いで海を眺めながら食事をとることができる上に、
タオルミーナの町を望むことができます。

こちらのレストランのお勧めは、何をいっても新鮮な魚介類!
魚屋のように魚を並べてあるので、そこから食べたい魚を選びます。
すべてキロ売り。料理方法はグリルか、煮込みか…選択可能です。

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

写真は、その魚が置いてあるケースの前で説明してくれている、
このレストランのオーナーさんです。

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

今回注文したのは、手長エビと、赤エビのグリル、
塩を振らなくても、すでに塩味はついています!!

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

鯛のグリル。器用にナイフとフォークでほぐしてくれます。
こちらも塩と胡椒と、オリーブオイル、レモンと一緒に。

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

そして、シチリア島の定番(?!)
ウニのパスタ。どれも新鮮でおいしい!

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

また、料理を待っている間に出してくれた、
にんにくの酢漬けと、唐辛子のパテ。
このにんにくの酢漬けを安倍さんが気に入ってたんだよー!
とオーナーさんがいうので、試食。にんにく臭さがなく、後にも残らない!!
唐辛子は、パンに塗って食べるとおいしかったです。辛党の人にお勧め。

 

写真を撮り忘れたのですが、もう一品。
今が旬のマグロのグリル、半生焼き。
分厚く切ったマグロを表面だけこんがり焼いて、
中は半生。これが一番おいしかったです!

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

さらに、このレストランには珍しくソムリエさんがいます。
なんとイケメン!!なんとオーナーさんの息子さん(笑)

これはさらにワインがおいしくなること間違いなし笑

タオルミーナ近郊のレストラン「Ristorante Da Nino」

このレストランはワインの品揃えがよく、ワインの貯蔵庫には、
高価なワインから地元のワインまでかなりの量のワインが眠っております。
※写真はHPより

タオルミーナから行くのには、車が必要ですが、
行く価値はあると思います!

レストランHP
https://www.ristorantepensionedanino.it/cucina-tipica-siciliana

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車手配、オリジナルツアーの手配を

行っております。交通が不便なシチリア島で効率的で快適な旅をしませんか?

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

315月

Buon giorno!!

5月27日(土)に、カターニア近郊のAcireale(アチレアーレ)のVilla Belvedereという

場所で行われた、Nobraino(ノブライノ)の無料ライブイベントに参加してきましたー!!

シチリアでは、夏になると各地で無料のライブが行われます。

無料なので気軽に行ける!

時には海岸でライブなんてのもあって、お酒持参でみんなかけつけます。

さて、お目当てのNobraino以外にも地元のグループも前座で演奏していました。

みんな知らなかったですが、色々な分野の音楽が聞くことができました。

アチレアーレで無料ライブ「Nobraino」

まずは、Stefano Alìというシチリア出身のシングル歌手。

写真がうまく取れていないのですが、イケメンさんです。

アチレアーレで無料ライブ「Nobraino」

その次は、I MAANというグループ。洋楽の曲を歌っていました。

そして、写真を撮り忘れましたが、イタリアンラッパー!シチリア出身ミラノ在住のInoki。

急に若者が集まりだし、ノリノリのラップでイタリアの政治への不満や、

若者の仕事のなさのなげきだったり、けっこう後ろ向きな感じでしたが、

イタリア語のラップもおもしろかったです(笑)

アチレアーレで無料ライブ「Nobraino」

そして、メインのNobraino!!

このバンド、こちらで初めて知ったバンドですが、

アチレアーレで無料ライブ「Nobraino」

ボーカルの声がとても渋くて、かっこいいんです!

日本にもぜひ進出してほしい…と密かに思っています。

さらにパフォーマンスもおもしろい。服のセンスもバンド内みんなバラバラ。

ボーカルはピエロみたいに動き、高いところが好きなのか、

いつも高い所に登ります。また、観客席に飛び込んだり。

今回もラストの曲で、建物の上に登ったかと思うとそのまま消え去ってしまいました(笑)

ぶっ飛んでるような気はしますが、とりあえず声がいいんです!

ぜひ、お暇なときに聞いてみてください。

一番有名な曲は、Film mutoという曲です。

ちなみに私個人としては、こちらの、Endofineが好きです。

Siciliawayでは、交通がお世辞にもいいとは言えないシチリア島内で、

効率的で快適な旅のために、専用車手配・オプショナルツアーのコーディネートを

行っております。ぜひ、お問い合わせください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

 

305月

Buon giorno!!

タオルミーナで行われたG7が無事に閉幕しました!

安倍さんはタオルミーナを気に入ってくれたでしょうか…

日本でもタオルミーナの町がテレビで紹介されたみたいで

まだまだ認知度の低いシチリアを知ってもらえるいい機会になって、嬉しいですね

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

さて、そんなタオルミーナにあるお勧めのレストラン、

Al Duomo(アル・ドゥオーモ)をご紹介します。

このレストランは名前の通り、大聖堂広場に面した建物の2階にあります。

ちょうど大聖堂の前の建物です。写真の右側の細い道を登っていきます。

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

この道です。登ると、レストランの入り口が左側にあります。

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

中はこんな感じ。屋内の席とテラス席が空いていれば選ぶことができます。

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

テラス席からは、こんな風に大聖堂が見えます。

夜はライトアップされ、とてもいい雰囲気に。

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

ちょっと狭いですが、ベランダ?席は、カップルに最適!

大聖堂を正面から望むことができる特等席です。

さて、おいしい料理は色々あるのですが、

私の一番気に入っているのは、付け合わせのパン(笑)

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

もちろん全てこちらのレストランの手作りで、一番左のパンが、

古代小麦を使って作られたパン。普通のパンとは違い、小麦の味が濃い印象です。

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

さらに、人気のウニパスタ。濃厚なウニをたっぷりパスタに

絡めているので、しっかりとウニの濃厚さを感じることができます。

タオルミーナのレストラン「Al Duomo」

お客様のご要望でイカのパスタを探したのですが、

メニューにはなく、ダメモトで聞いてみた所、

「オッケー!」と明るい声で返事が返ってきて、出てきたのがこちら。

パキーノ産トマトとイカが絶妙なマッチ!とてもおいしかったです。

対応してくれた店員さんとシェフに感謝。

お値段は少し高めですが、とても雰囲気がいいので、おススメです。

タオルミーナにお越しの際は、ぜひ寄ってみてください。

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車手配、オリジナルツアーの手配を

行っております。交通が不便なシチリア島で効率的で快適な旅をしませんか?

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓