195月

Buon giorno!!

今回は、よくお客様に聞かれる「シチリアのお土産は何??」

という質問の際に答える、「モディカのチョコレート!」についてです。

シチリア内では有名なため、シチリア内各地のお土産屋さんなら

どこでも見つける事ができます。

シチリア南東部に位置するModica(モディカ)はチョコレート屋さんがたくさん。

その中でも日本でも名の知れる老舗のBonajuto(ボナユート)に

先日行ってまいりました!バレンタイン時期であれば、日本でも販売されることがあるとか。

モディカの有名なチョコレート屋ボナユート「Bonajuto」

ちょっと奥まった所に入り口があるのですが、モディカ・バッサの大聖堂、

サン・ピエトロ教会の道路を挟んで反対側に位置します。

モディカの有名なチョコレート屋ボナユート「Bonajuto」

そして、嬉しいことに試食し放題(笑)

モディカのチョコレートの特徴は、昔からの伝統的な製法を守り続け、

カカオ・砂糖・スパイスのみから作られます。

クリーム類を使用していないため、溶けにくい。

さらに、低温で砂糖を溶かしカカオと混ぜているため、砂糖が溶け切れておらず、

ジャリジャリとした食感のチョコレートに仕上がっています。

とても珍しいので、お土産に最適!

たくさんの種類のスパイスを使用しており、変り種はペペロンチーノ、塩、生姜など。

シチリア!と思うのが、レモン、オレンジ。

買う前に味を確かめることができるので、嬉しいですよね。

モディカの有名なチョコレート屋ボナユート「Bonajuto」

でも、団体さんの到着と重なると、試食コーナーが混み合います。

そんな時は少し時間を置いてまたトライすれば、ガラガラということも。

モディカの有名なチョコレート屋ボナユート「Bonajuto」

店内には、その他チョコレートのリキュールや、チョコレートを作っている所を再現した

人形など、様々な物が飾られています。試食しながら、見ることができます。

モディカの有名なチョコレート屋ボナユート「Bonajuto」

団体・予約必須で、有料ですが、キッチンの中を見せてもらったり、

こちらで作られているお菓子類を試食できるコースもあります。

これで2人分。食べれない!!そんな時は持ち帰りもOK♪

ぜひ、モディカに立ち寄った際は、訪れてみてください!

施設情報:Antica Dolceria Bonajuto(アンティーカ・ドルチェリア・ボナユート)

     Corso Umberto I, 159, 97015 Modica Ragusa

     9:00~20:30 無休

Siciliawayでは、シラクーサやカターニア、タオルミーナ発着の

ノート・モディカ・ラグーサ日帰り周遊ツアーを実施しています。

交通の便がお世辞にもいいとはいえないシチリア島で、効率よく、

1日で3つの都市をプライベート専用車で回りませんか?

ぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

185月

Buon giorno!

さて、前回の続きです。

大聖堂の観光が終わったら、次は豊穣の女神デメテルの祭壇跡(Rocca Di Cerere)へ。

デメテルは、ギリシャ神話の女神で「大地の生産を司り、結婚と社会秩序を保護する女神」です。

ここで、豊穣を願って昔の人はお祈りしていました。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

にしても、大きい岩。持ってきたものなのか、切り出したものなのか。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

ここは見晴らしがいい分、風の通りもよく寒い上に飛ばされそう!

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

ここからは、近くの町。カラシベッタがよく見えます。

その昔、アラブ人がエンナ攻略を企んで建てた町だそう。

かなり近くでお互い牽制しあっていたのでしょう。

この岩に登る事ができ、なんと柵がない先端に立つことができます。

高所恐怖症の人はオススメしません。かなり危険度も高いですが、絶景です!

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

こちらがその時の写真。写真じゃわかりにくいかもしれませんが、

足元の白い岩の下は絶壁ですよ!!ある意味タイタニック!(笑)

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

後ろを振り返ると、ロンバルディア城が綺麗に見えます。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

さて、お城に行こうと思ったら、見つけました!道路が寸断されている。

上からだとよく見える…地震の影響かな…

足元に注意しながら岩から降り、いざ!ロンバルディア城(Castello di Lombardia)へ!

現在残っているこちらは、シチリア王フェデリコ2世(フリードリッヒ2世)の命によって

建てられました。フェデリコ2世は私の印象ではファンが意外に多い。

こちらのお城、イタリアでは最大の中世の城の1つです。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

中には塔がたくさん。やはり防衛の目的がしっかりと見て取れます。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

その中でも、Torre Pisanaは一番高く、細い階段を登ると城を上から望むことができます。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」Part2

エンナの町並みもこちらから見ることができます。

エンナに行くためには、公共交通機関だと度胸と時間が必要ですが、

ぜひ、行ってみる価値はあると思います!

もちろん、時間がない方にはSiciliawayにて快適な専用車の旅をご提案させて頂いてます。

パレルモ⇔タオルミーナ間の移動の際に立ち寄るのもよし!

ぜひ、ご相談ください!お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

155月

Buon giorno!

いよいよG7開催が近づき、開催地のタオルミーナは急ピッチで

道路の舗装、建物の整備が行われています。

タオルミーナを旅行予定の皆様、毎日どこかの道路が封鎖され、

回り道をしなくてはならない場合もあるので、

時間には余裕を持って行動する事をお勧めします。

さて、先日お客様とシチリアの中心に位置する町、エンナに行ってきました。

よく、「シチリアのへそ」と言われます。

標高約930mに位置するこの町は、ギリシャ時代からの歴史をもつ町。

常にシチリアを支配する人々の拠点として、重要性を持っていました。

確かに、標高が高いこともあり、眺めがいい。

敵が攻めてきているのも、かなり遠くでも察知することができたと想像できます。

一時期、周りの広大な穀倉地を監督する上でも重要だったとか。

そんな、エンナの見所を紹介します。

まずは、大聖堂。

14世紀初頭に建設が始まったとされますが、15世紀中旬に火事に見舞われ、

右側廊から後陣にかけて崩壊しましたが、16世紀に再建されました。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」

外からみた正面はこちら。

しかし、入り口は右側にあります。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」

中にはいるとこんな感じ。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」

まずは天井に目がいきます。

17世紀に木で作られたというこの天井。装飾が細かい。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」

こちらは、パイプオルガン。

柵の所の装飾が、恐らく…12使徒?それぞれが皿や杯を持っています。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」

説教台。これでもか!ってほどの装飾が。

下の女性がとてもセクシーで、ノートのニコラチ館のバルコニー下の

装飾ににています。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」

右側の礼拝堂は、大理石の装飾が見事。

シチリアのへそ、エンナ「Enna」

私個人的に一番気に入ったのは、右側廊から上を見上げた時に、

見えるこちらの柵にはめ込まれた絵画。

何を表しているのかはわからないのですが(汗)、

絵と絵の間の彫刻もかわいい。それも女性の下だけ

子供?の頭部がついている。細部にも凝ってますね。

シエスタの時間で閉まる直前だったので、あまりじっくりは見れなかったのが残念。

ぜひ、エンナを訪れる際には時間に気をつけて、大聖堂を訪れてみてください!

それでは、エンナの回はまだ続きますが、今回はこれまで。

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

115月

Buon giorno!!

ゴールデン・ウィークも終わり、休み疲れが襲ってきている頃だと思います。

シチリア島にもたくさんの日本人の方が旅行されているのを見ました!

さて、ちょっと前ですが、聖金曜日と復活祭に関して今回はご紹介したいと思います。

聖金曜日は、イエス・キリストが磔にされ、亡くなった日。

復活際は、イエス・キリストが復活した日。

聖金曜日には、町中を山車が回ります。この山車はキリストの最後のシーンを表しており、

山車を押す人々が、暗めの歌を歌いながら町中を回ります。いわゆる葬式です。

さて、私の住んでいる町のこの山車行列をを見に行ってきました。

夕方18時頃スタートで、ゆっくりと町をまわり始めます。

合計で20体以上もの山車が回ります。

全部は写真にとれませんでしたが、いくつかご紹介します。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

こちらは、あの有名な最後の晩餐のシーン。

山車の裏では白いマントを羽織った人を中心に暗めの歌を歌っています。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

こちらのキリストは、悲痛な顔をしています…

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

十字架を背負ったキリスト。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

鞭で打たれるキリスト。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

こちらは、大聖堂の司祭。

さて、この後はこの行列がよく見える道路に面した家をもつ

友人宅にお邪魔しました。この日は伝統的にお肉を食べてはいけません。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

そのため、アンチョビのみのパニーノ。

ツナとチーズ、トマトのパニーノ。

ハム抜きです。しかし、この量。さすがシチリア。甘いケーキ・お菓子もかかせません。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

みんなでパニーノを食べたあとは、家の窓からまた山車を見学。

暗くてよく見えませんが、夜になりライトアップされた山車。

キリストを信者が十字架からおろしているシーン。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

周りを見渡すと、こんなに住人がいたのか?!と思うほどの人だかり。

そして、山車が町を一周すると終了です。

そして、復活祭の日曜日。この日からまたお肉を食べることができます!

友人宅にお昼ごはんお呼ばれしたので、行ってきました!

前菜はサラミ・チーズ・サラダなどいつも通り。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

パスタはやはり、肉解禁のため、ミートソースのパスタ。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

そしてメインは復活祭によく食べられる、子羊のグリル焼き。

やはり、よく食べますね。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

そして、こちらも復活祭に食べられる、ゆでたまごをつけたクッキー?

シチリア伝統菓子だそう。卵が復活の象徴とされているためとのこと。

しかし、この組み合わせ、斬新ですよね。

クッキーと卵はもちろん一緒には食べないそうです。

ゆでたまごは普通に塩をかけて食べました。

聖金曜日の山車行列と、復活祭について

そして、写真では大きさがわかりませんが、

手のひら大くらいある巨大なシチリア伝統菓子カンノーロ。

すでに私の胃はノックアウト状態で、半分しか食べれませんでした(笑)

キリスト教徒が多いイタリアでは、復活祭は一大行事の一つ。

この時期に旅行にこられた方は、この時期限定の料理・イベントに遭遇できますよ!

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

134月

Buon giorno!!

イタリアでは今すっかり復活祭モードです。

明日金曜日は、聖なる金曜日とも呼ばれ、キリスト教ではイエス・キリストが

十字架に張り付けられて処刑された日です。

この日は祝日になっていますので、シチリアでは、

交通機関などは運休になったり、本数が激減します。

そして、処刑から3日目の日曜日がキリストが復活した日となっています。

イタリアでは、復活祭の事をパスクワ「Pasqua」といいます。

よく行くバールでには現在、復活祭で食べるお菓子が所狭しと並んでいます!

あまりにおいしそうなので、写真を撮ってきました!

復活祭「パスクワ」で食べるお菓子

この左奥は、チョコでできた卵。

復活祭は、このチョコ卵や、ゆで卵がよく登場します。

卵からヒナがかえる状態が、キリストの復活を遂げる状態を表しているからだそうです。

さて、このチョコ卵、中は空洞だったり、おもちゃや他のお菓子が入っていたり。

現金が入ってるかもねーっとバールの人が言っていました。本当かな…

復活祭「パスクワ」で食べるお菓子

そして、ちょっとわかりにくいですが、実は鶏の皿の上にのった

大量の卵チョコ。全部ペロッと食べてしまいそうで怖いですね…

復活祭「パスクワ」で食べるお菓子

そしてこれまた見にくいですが、コロンバといわれる鳩の形をしたパウンドケーキ。

鳩は平和の象徴とされています。

こちらはチョコレート味ですが、ピスタチオ味もありました。

復活祭「パスクワ」で食べるお菓子

こちらは、子羊のケーキ。

キリスト教では、伝統的にはカルネバーレから、復活祭前まで

お肉を食べないという習慣があり(守っている人は少ないですが)

復活祭には解禁になり、子羊の肉を食べるのだとか。

羊は、代々神への生贄として捧げられており、人類の罪を一身に引き受け犠牲となった、

イエスキリストの象徴とされています。

そのため復活祭には、この子羊のケーキもよく食べられるそうです。

復活祭「パスクワ」で食べるお菓子

こちら、友人が家出飾りつけをしたという、卵がたくさん飾られている木。

カラフルでかわいいですね!

よく見ると卵だけではなく、ひよこも!根元には鶏も!

復活祭「パスクワ」で食べるお菓子

そして、このパン。その名も「pane di cena」(夕食のパン)

これは、有名な最後の晩餐で食べられていたパンを表しているとのこと。

シンプルなパンで、シナモンで香りつけをして、周りにゴマがかけてあるだけ。

でも、素朴でおいしいんです!

ぜひ、この時期にイタリアを旅行される方はバールやお菓子屋さんをのぞいてみてください♪

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

044月

Buon giorno!

アグリジェントの世界遺産、神殿の谷から車で約15分の所にある

アグリツーリズモ「Due Ganèe」に行ってきました。

弊社のスタッフが執筆した「シチリアへ」の中でもご紹介させてもらっています!

アグリジェントのアグリツーリズモ「Due Ganèe」

宿泊も、もちろんできますが、今回はランチ。

シチリアの家庭料理を振舞って頂きました。

アグリジェントのアグリツーリズモ「Due Ganèe」

もちろんこちらのアグリツーリズモで作られた食材を多く使用しており、

全てが近辺で作られた食材を使っています。

アグリジェントのアグリツーリズモ「Due Ganèe」

宿泊施設の前はオリーブ畑が広がっており、こちらでは

エキストラバージンオイルも、もちろん作っています!

アグリジェントのアグリツーリズモ「Due Ganèe」

また、外でもご飯を食べるスペースがあり、

オリーブ畑を見つつ、動物の鳴き声を聞きつつ、

思う存分自然に触れ合えるアグリツーリズモとなっています。

さらに家族経営なので、とても人が温かい。

田舎の親戚の家に遊びにきた感覚に陥ります。

さて、ランチです。前菜の写真を撮るのをすっかり忘れてしまったのですが(汗)

近辺の牧場で朝一作られたフレッシュなリコッタチーズに

オリーブオイルと塩をかけて…おいしい!!

さらに、朝一焼いたパンにこちらのオリーブオイルをかけて。

アスパラガスの玉子とじや、サラミ、チーズが並びます。

アグリジェントのアグリツーリズモ「Due Ganèe」

そして、プリモピアットは、旬のアスパラガスとパンチェッタと

リコッタ・サラータ(チーズ)のパスタ。

アグリジェントのアグリツーリズモ「Due Ganèe」

セコンドは、豚肉の肉団子。中にはハムとチーズとほうれん草。

付け合わせに、きのことジャガイモのオーブン焼き。

アグリジェントのアグリツーリズモ「Due Ganèe」

もうこの時点でお腹がはちきれそうですが、

最後に別腹のデザート。リコッタクリームのケーキ。

上にはピスタチア・アーモンドが贅沢に振り掛けられています。

どれもおいしい!

田舎でのんびり自然と過ごし、おいしいものを食べたい方に

おススメのアグリツーリズモです。

アグリジェントにお寄りの際はぜひ、ランチだけでも寄ってみてください!

オリーブの収穫時期には、オリーブ収穫を手伝わせてもらうことも可能です。

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

 

243月

Buon giorno!!

後期バロック様式の町として登録され、スペインのマヨルカ島から

伝わった陶器、マヨルカ焼きで有名なカルタジローネという町。

このカルタジローネで有名な大階段は、前にブログに書かせていただきました。

こちらをご覧ください!

今回は、カルタジローネの博物館についてです。

大階段から徒歩10分の所にあります。市民庭園の中にあるので、

市民庭園を目指していけばOK。

さて、この日はなんと月の初めの日曜日だったので、入場料タダ!!

ラッキーでした!!

休みは基本的になしで、開館時間は9:00~18:30(18時最終入場)です。

入場料は4ユーロ。

ここは、先史時代から中世またまたルネッサンス期から、バロック時代の

陶器まで、バリエーション豊かで豊富な陶器が展示されています。

カラフルなものから、シンプルなものまで。フラッシュなしであったら、撮影可能です。

カルタジローネの州立陶器博物館

いくつか写真をご紹介します。

こちら、アグリジェントの博物館にもある、黒地の壷!ギリシャの影響を

受けていたことがわかります。

カルタジローネの州立陶器博物館こちらの絵柄。昔の人もこのような絵も書いてたんですね!

かわいい!

カルタジローネの州立陶器博物館

こちらは、お茶碗にいいかも・・・

カルタジローネの州立陶器博物館

派手な装飾の置物。これを1つでも部屋に置いてたら、

一気に部屋が華やかになります!

カルタジローネの州立陶器博物館

こちらは、絵のように壁に飾りたい。

カルタジローネの州立陶器博物館

ガラスに反射していますが、シチリア伝統人形劇、

プーピー人形作りの職人さんの製作風景。

カルタジローネの州立陶器博物館

こちら、靴職人さん。おもしろい事に

真ん中のお兄さん、口で皮を加えている…延ばしているのか…

カルタジローネの州立陶器博物館

こちら…シチリア人の人柄を表している!

ちょっとコメディ化していますが…笑

陶器を眺めていると、シチリア人の性格がわかる…と思います笑

じっくり見てると2時間くらいあっという間に過ぎます!!

カルタジローネを訪れた際は、ぜひ訪れてみてください。

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

 

 

223月

Buon giorno!!

今回は、世界遺産に登録されている、パレルモ近郊の町、

モンレアーレの大聖堂の横にある、ベネディクト派修道院の回廊を

ご紹介します!!

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

大聖堂の正門の方に回ったときに、この回廊への入り口があります。

こちらの左側の入り口です!

入場料は6ユーロとちょっと高め…大聖堂はタダなんですけどね…

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

1200年頃に建設されたままで残っている回廊。すごいですよね…

修道士達はここから祈りを捧げたり、

つかの間の休憩をここでしていたのかもしれません。

一辺が47mの正方形の回廊には、228本の円柱が並んでいます。

写真のように、2本一組で並んでおり、さらに、柱がモザイクで装飾されたもの、

装飾されていないものが交互に並んでいます。

柱頭には、聖書の一場面がそれぞれ描かれているため、一つ一つ違います!

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

また、南西の角には噴水が設けられており、

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

こちらがその噴水の写真ですが、装飾がすごい。まるで、椰子の木の幹みたい。

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

水が出る所の装飾もおもしろいですよ。

また、回廊から、修道院の2階に登ることができ(ここにトイレあり)、

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

司祭さんの刺繍の細かい服や、

絵画などが展示されています。

こちら、案内人?の方が教えてくれたのですが、

刺繍糸を、一定の間隔で留めていって、この模様を作るということで、

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

よーーーく見ると、確かに一本の糸の途中に、何点も布に留めるための

糸が見えます。本当に気が遠くなるような作業…

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

絵画に関しては、女の人が男の人のこめかみに、釘打とうとしている…

怖かったんで、作者とタイトルを見るのを忘れました、、汗

モンレアーレのベネディクト派修道院の回廊

写真ではわかりにくいかもしれませんが、

こちらのモザイク、金や色がついたきれいなガラスを使用しているので、

天気のいい日には、キラキラ光ってとてもきれい…800年以上

光っている・・・すごいの一言ですよね。

日本でいうと鎌倉時代!!

ぜひ、パレルモへ訪れた際は、このモンレアーレも訪れてみてください。

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

203月

Buon giorno!!

先日、ピアッツァ・アルメリーナの カザーレの 別荘 跡に

行った 際に、雰囲気が とてもよく、ちょっと 高級な レストラン

Al Fogher (アル・フォガー) に 行ってきました。

おしゃれな 雰囲気に おされて、外観の 写真を 撮るのを 忘れて しまいました…

 

中では、ディズニーの 映画で 執事さん として 出てきそうな

ウェイターさんが 席まで ご案内。

 

食事中も 店の 人が ピアノを 奏で、片田舎とは

思えない 優雅さに あふれる 店でした。暖炉も店内で静かに燃えており、

なんとも ゆったりとした 時間が 店内には 流れて おりました。

 

カザーレの 屋敷跡 からは、車で 20分 ほど。

車を 使わないと いけない所に ありますが、

可能な 方は  ぜひ行ってみてください!

では、私たちが 頂いた 食事を ご紹介。

ピアッツァ・アルメリーナのレストラン「Al Fogher」 こちら、セロリのスープの 肉 団子。

ピアッツァ・アルメリーナのレストラン「Al Fogher」

ミックスサラダ。

ピアッツァ・アルメリーナのレストラン「Al Fogher」

きのこの チーズリゾット。

ピアッツァ・アルメリーナのレストラン「Al Fogher」

黒 トリュフ 入りの きのこ パスタ。

ピアッツァ・アルメリーナのレストラン「Al Fogher」牛肉の 赤ワイン 煮 (ネレッロ・マスカレーゼ)、オレンジジャム 添え。

どれも 洗練された 料理で おいしい!!

ワインの 品揃えも 豊富で、ワインの わからない 方でも、

ウェイターさんに 頼めば、注文した 料理に 合う

ワインを 持ってきてくれますよ♪

4人で 前菜 サラダシェア、スープを 各自。

プリモピアット 各自、セコンドピアットを一人分をシェア。

そして、飲み物は ワインに ジュース、水、コーヒーで

大体 150~200ユーロくらいです。

※ 注文する物によって 変わりますので ご参考までに…

特別な シーンでの お食事に ぴったりの レストランです。

https://alfogher.sicilia.restaurant/

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

173月

Buon giorno!!

日本でもニュースになっているエトナ山。

先日のブログにも書いていましたが、先月末にも噴火しました。

今回はイギリスのテレビ番組が取材していた最中に

突如起きたとのこと。観光客や撮影クルーに怪我人が出たとのことで…

なんでもここ30年来の大きな噴火だったとのことで…

 

youtubeにはたくさん、噴火の様子が投稿されています。

ちなみに、こちらは、先月末に噴火した際の動画。

ヨーロッパ一活発な活火山と言われてるエトナ山。

自然は美しいですが、時として脅威にもなることを

エトナ山は度々教えてくれます。

Siciliawayでは、シチリア島内の 旅のコーディネートを 行っております。

快適なプライベート専用車で、自分オリジナルのツアーを作って

シチリア島を周遊しませんか?まずは お問合せ ください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓