221月

Buon giorno!

今回は、アグリジェントにあるオステリア「Ex Panificio」をご紹介します。

名前の通り、元はパン屋さんが今はオステリアになっています。

アグリジェントのオステリア「Ex Panificio」

そのため、店内の中には昔パンを作るために使用されていた道具が

壁にかけられています。

アグリジェントのオステリア「Ex Panificio」

こちらは、昔作っていたパンの置物。珍しい形ですね~♪店内も落ち着いた感じ。

アグリジェントのオステリア「Ex Panificio」

夏は外にテラス席が出るので、そちらでも食べることができます。

アグリジェントのオステリア「Ex Panificio」

入口がかわいい~♪

アグリジェントのオステリア「Ex Panificio」

私が注文したパスタ。赤エビとトマトソースのパスタ 11ユーロ。

やはり海が近いだけあって、エビがおいしい!

アグリジェントのオステリア「Ex Panificio」

でも、海鮮だけではありません!同僚が食べたのはラム肉 12ユーロ。

こちらもラム肉のクセはあるけれど、そこまで強くないので、

ちょっとラム肉苦手な私も大丈夫でした!

なんとメニューに和牛か神戸牛?!もありましたが、

本当か~?と疑い深い私は注文しませんでした(笑)

次に行った時に試していようかな…

駅からはちょっと離れていますが、値段もお手頃でおいしいので、

メイン通りの観光をしながら、行ってみてください♪

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車・ツアー手配を行っております。

交通機関がまだまだイマイチのシチリア島で、効率的に旅ができるように

お手伝いさせて頂きます。お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

191月

Buon giorno!

さて、前回に引き続きナポリの話ですが、次は食べた物編です。

まずは、スパッカ・ナポリを歩いて観光していると、

人が集まっているところを発見。

ナポリ旅行で食べたもの

ここは、Antica pizzeria e friggitoria di Matteo

マッテオさんのピッツェリア・揚げ物屋さん。

ナポリ旅行で食べたもの

並びながら、ショーケースを見てみると、

アランチーノにクロッケとは、シチリアと同じではないか!

さすが同じ南イタリア。さすがにこれらは知っているので、

見たことない物を注文。右の細長い白ピザと、その左の丸っこいこれはなんだ??

細長い白ピザの正体は、リコッタをピザ生地でくるんであげたもの。

ナポリ旅行で食べたもの

この丸いのは、なんとクリームパスタをまるめて揚げたもの。

カロリーはかなり高いですが、揚げたてでおいしい!そして安い!

こちら、横がピッツェリアになっていて、そちらも満席でした。

さて、そこからほどなく次はドルチェ。

これを食べたくてナポリに来たといっても過言ではない、

ナポリ旅行で食べたもの

スフォッリャテッラ。貝の形をしたパイ生地の中にリコッタ。

バリバリしておいしいんです。はまりますよ。

実はスフォッリャテッラには2種類あり、パイ生地か、

ナポリ旅行で食べたもの

スポンジとクッキー生地の中間の生地の中にリコッタか。

私的には、パイ生地のバリバリが好きなので、パイ生地の方に1票!

ナポリ旅行で食べたもの

そして、キノコ型のババ。リキュールをどっぷり染み込ませています。

ここにもシチリアカンノーロ!どこまで一緒だ?!

ナポリ旅行で食べたもの

さらに、スフォッリャテッラのパイ生地のジェラートコーンもみつけ、

早速注文。カロリーを気にしてたら…だめです(笑)

そこから、今度は消費しなくては!!と観光をして歩きまくる。

ナポリ旅行で食べたもの

ナポリ王宮の近くで、見つけました老舗のチョコレート屋さん、Gay Odin。

1800年代後半から創業しているこちらのチョコレート屋さんは、

保存料などは一切使っていないのが売りだとか。入るとカカオの香りが広がります。

そして、順番待ちをしていると、カカオの粉を買う人が多い…

みんな料理か、ココアでも作るのか…お土産のチョコをここで購入。

ナポリ旅行で食べたもの

そして夜にはやっぱりナポリピッツァ!

これまた有名店Pizzeria da Michele。ミケーレさんのピッツェリァ。

19時について1番乗り!かと思いきや、すでに店の前には

待っている人がたくさん!(汗)

他の店に変えようかと迷っていると、なんと回転が早い。

次々に人が出てくる&入っていく。このイタリアで?!

20分で入れるとお店の人に言われ、せっかくだから待ってみると…

ほんの10分ほどで中に入れ、入口で見るよりも中が広い。奥に広がっていたのね。

でもそこも満杯。みんな巨大ピザ食べてる食べてる。

さて、注文とメニューを見ると、なんと!2種類しかない!

こりゃー回転早い訳だ(笑)マルゲリータとマリナーラのみ。

サイズが、普通、中、大。普通と中の違いがどれくらいかわかりませんが…(笑)

注文してからほんの10分も経っていないうちに、出てきました!早い!

ナポリ旅行で食べたもの

こちら普通サイズのマルゲリータ。

ナポリ旅行で食べたもの

こちら普通サイズのマリナーラ。ペロっと食べちゃいます。

そして、ピザにはやっぱりビール(笑)

ゆっくり食べたとしても、1時間くらいで店出れました。

待っている人が外にまだまだいましたが、回転が速いので

待つのもありです!!安いし、おいしいし、ナポリ最高です!

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車・ツアー手配を行っております。

交通機関がまだまだイマイチのシチリア島で、効率的に旅ができるように

お手伝いさせて頂きます。お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

171月

buon giorno!

今回は、シチリアの事ではなく、

南イタリアで最大の都市、ナポリに旅行をしたときの事についてです。

私が学生の頃は、ナポリは危ないから、サファリパークのように、

バスの中から降りる事なく観光していたというほど、治安が悪かった?との事ですが、

今は個人で旅行される方も多いようで。

イタリア自体スリが多いので、どの町でも気をつけるにこしたことはないです。

ですが今回、安全?なのか、ナポリの町中には約100mおき?

の交差点に必ずと言っていいほど、警察か軍隊がいました(汗) 南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

こちら、駅の近くのビルから見たかの有名なベスピオ山。

エトナと同じく煙もくもくです。

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

こちらは大聖堂。堂々とした正面はネオ・ゴシック様式。

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

天井に絵がはめ込まれている!おもしろい。

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

中央祭壇には、被昇天の聖母。神々しい…

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

中央祭壇の下にあるこちらは、床がモザイクで彩られた洗礼堂とのこと。

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

慣れてくると、ナポリとシチリアもやはりよく似たような似てないような。。

待ちの雑踏はパレルモの旧市街に似ている!

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

小さな路地を散策していると、とあるお店の前でおじさんと目が合い、

ナポリでよく見る、唐辛子?サンゴ?の赤い飾りと、

天狗のようなマスクについて説明してくれました。

こちらは唐辛子でもサンゴでもなく、角とのこと。

どちらも幸運を運んできてくれたり、魔よけの役割をするので、

1家に1つは置いとかないとー!!とのことで、

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

なぜか、赤くない黒いマスクに引かれたので、小さい黒いマスクを購入。

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

色々他にも見たのですが、

外観がおもしろくて気に入ったジェズ・ヌォーヴォ教会。

サレルノの王子が所有していた宮殿を、その後イエズス会の教会に改築したのだそう。

この表面がおもしろい。さらに外はシックなのに、中はド派手(笑)

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

このギャップがいいいですね。

最近友人と映画を見に行ったのですが、

主人公がなんとこのジェズ教会の近くに住んでいるという設定で

よくこの教会とその前の広場が映画に登場し、1人で興奮しておりました。

南イタリア最大の都市、ナポリ旅行

その映画の名前はナポリ ヴェラータ「ベールに包まれたナポリ」

スリラーとの事でしたが…終わりが謎に包まれていたので、

なんとなくモヤッとする映画でした。

が、ナポリの人の生活もまた見れて面白かったです。

さて、次回はナポリで食した物について書いてみたいと思います!

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車・ツアー手配を行っております。

交通機関がまだまだイマイチのシチリア島で、効率的に旅ができるように

お手伝いさせて頂きます。お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

151月

Buon giorno!!

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

シチリアは今異常気象の波か、冬なのに暖かい日がチラホラ。

アフリカからの偏西風、シロッコの影響もあり、

先週、日中が20度近くまであがり、春がもう来たみたいでした。

さて、昨年の事になるのですが、知る人ぞ知るパレルモから車で30分くらい

行った海沿いの町、SferracavalloにあるIl Delfinoというトラットリアに行ってきました!

この地域は海沿いということもあり、海鮮がおいしいレストランが集まっています。

パレルモ市内から向かうのはちょっと不便ですが…

https://www.trattoriaildelfino.com/

さて、こちら海鮮ベースのコース料理メニューがあり、その量の多いこと。

ワイン・水飲み放題な上に、デザートもついて、29ユーロ/人。安い!!

さらに、料理自体はとてもシンプルで、素材の味をしっかり感じることができます。

その量の多さをお届けしようと、全部写真におさめようとしましたが、

途中からあまりのおいしさと、食べるのに夢中になり、

全部撮れませんでした(涙)いくつかご紹介させて頂きます。

パレルモ郊外のレストラン「イル・デルフィーノ」

こちらイカフライ。シンプルだけど、衣が薄くてとてもおいしい!

パレルモ郊外のレストラン「イル・デルフィーノ」

カジキまぐろの燻製のカルパッチョ。

パレルモ郊外のレストラン「イル・デルフィーノ」

赤エビのカルパッチョ

パレルモ郊外のレストラン「イル・デルフィーノ」

こちら、名前を忘れてしまったのですが、魚の身を重ねてミルフィーユ上にし、

トマトソースをかけ、干しブドウ、アーモンドでトッピング。

上記が前菜の一部。一部です!

そして、パスタ…を取り忘れました(涙)確かリゾットも出てきました。

パレルモ郊外のレストラン「イル・デルフィーノ」

メイン。これが私的には一番の感動もの。29ユーロでロブスター!

さらに1人1匹出てくるんです。コスパよすぎです。

パレルモ郊外のレストラン「イル・デルフィーノ」

さらに、まるごと鯛のグリル。こちらの人は、

スプーンとフォークを使ってきれいに魚を開いていきます。

さらに、デザート、食後酒と。

終了した時は動けなくなること間違いなし!!(笑)

しかし、かなりの食べ応えがあるので、1日1食で大丈夫です。

パレルモに来た際はぜひ行きたいトラットリアの1つです。

Siciliawayでは、シチリア島内の専用車・ツアー手配を行っております。

交通機関がまだまだイマイチのシチリア島で、効率的に旅ができるように

お手伝いさせて頂きます。お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

2112月

Buon giorno!!

いよいよ2017年も終わりますね。年々、1年が過ぎ去るスピードが

早くなっているような…

今年は、去年に比べ、シチリアへの旅行者が増えたのでは…

と勝手に思っております。

今年は、たくさんの出会いがありました!!

本年お世話になった皆様に、厚く御礼申し上げます。

2018年は、更にパワーアップしたシチリアウェイにしようかと

思っておりますので、皆様変わらぬ御愛顧のほど、よろしくお願い致します。

さて、今年最後(?)になるであろうブログには、

私の大好きなライスコロッケ、「アランチーノ」について書きたいと思います。

今回ご紹介するのは、メッシーナのアランチーノで有名なお店

「Rosticceria F.lli FAMULARI」

ここでは、アランチーノだけではなく、フォカッチャ、

ピドーネ、リコッタのバロなど、ファストフード・お菓子がそろっています。

ここの特徴は、アランチーノの種類が多い!実に40種類もあるのだとか。

※その日によってないのもありますが…

アランチーノは注文時に揚げたて!といえば、もちろん揚げたてを持ってきてくれます。

メッシーナでアランチーノを食べるなら。

さて、今回注文したのはコチラ!

辛いサラミ入りと、ハムとチーズ、伝統的なミートソース味、

そして、ハート型のアランチーノ!!その名も「L’aransino della Felicità」

幸せのアランチーノ!

メッシーナでアランチーノを食べるなら。

なんとこちらに入ってるのは、ブレザーオラという、

ロンバルディア産の塩漬けの牛肉に赤ワインと香料を加えて熟成させたハムに、

アジアーゴという、アジアーゴ山地で作られたチーズ、

パルミジャーノチーズ、ルッコラが入っています。

こちら、かわいい上においしい!!

メッシーナでアランチーノを食べるなら。

こちらは辛いサラミがいっぱい入って赤いアランチーノ

メッシーナでアランチーノを食べるなら。

細長いこちらは、ハムとチーズ

ぜひ、メッシーナを訪れた際は試してみてください♪

☆お店情報

「Rosticceria F.lli FAMULARI」

Via Battisti 143,Messina (me) , 98122 Italia

それでは、皆様良いクリスマスとよいお年を。

ちなみに下の写真は、

事務所のメンバーで撮影したオフィシャルクリスマスフォトです♪

メッシーナでアランチーノを食べるなら。

Siciliawayでは、シチリア島内のツアーや専用車手配を行っております。

シチリア旅行コーディネート、日本語アシストなど、ぜひご相談ください。

お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

1812月

Buon giorno

すっかり12月も中盤になり、クリスマスの気配が

してきました。こちらのクリスマスに欠かせないもの、

それはプレゼピオ!どこでもこの時期プレゼピオを

見つけることができます。

クリスマスといえば、プレゼピオ!

プレゼピオとは、イエス・キリストの誕生した場面を

表した、ミニチュア模型の事です。

キリストの誕生までは、どこも一緒なのですが、

それ以外に、その土地の個性がこのプレゼピオには現れます。

先日、ナポリに行ってきたのですが、プレゼピオ展覧会が

行われていたので、ふらっと行ってきました。

クリスマスといえば、プレゼピオ!

やはり、南イタリアということで、食物がシチリアと似通っている。

クリスマスといえば、プレゼピオ!

ちょっと見にくいですが、左下に有名なナポリピザが。

さらに、レモンとオレンジの木、

レモンのリキュールのリモンチェッロ(食後酒)、

ナポリ伝統菓子のババや、隠れていますがスフォッリャテッラも。

シチリア伝統菓子のカッサータ、カンノーロも見られます。

クリスマスといえば、プレゼピオ!

見にくいですが、卵型の小さい玉の中のプレゼピオ。

細かい!

クリスマスといえば、プレゼピオ!

南イタリアの日常の生活が見て取れます。

ごちゃごちゃしています。

クリスマスといえば、プレゼピオ!

南イタリアの音楽に合わせて陽気に踊る女性。

ナポリ音楽に欠かせないマンドリンギターやタンブリンも。

クリスマスといえば、プレゼピオ!

そして、ナポリで絶対に見かけるこの人形。

プルチネッラ(Pulcinella)。風刺劇の道化師とのこと。

黒い鳥のくちばしのようなマスクをつけ、白いダブダブの服を着て、

表向きにはふざけて人を笑わせるピエロですが、

心の中では、泣いていたりするそう。

(プルチネッラを売っている店のご主人談)

ナポリの人の性格を表しているそうです…

根っから明るいナポリ人も、やはり不況の波に飲まれて

経済状況で困ってるのかしら…なんて想像しながら

見ると、不思議とこのプルチネッラに愛嬌を感じます。

クリスマスといえば、プレゼピオ!

ちなみに、こちらはシチリアのモディカにある、

サン・ジョルジョ教会で飾られてたプレゼピオ。

モディカの町をモデルに作られています。

この時期にイタリアを周遊する方は、いろいろな街の

プレゼピオをよく観察してみてください。

その地域の生活や習慣や特産がよくわかります。

Siciliawayでは、シチリア島内のツアーや専用車手配を行っております。

シチリア旅行コーディネート、日本語アシストなど、ぜひご相談ください。

お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

1512月

Buon giorno!!

メッシーナのワイナリーCambria Vini

先日、メッシーナにあるカンブリアというワイナリーで、

日本人向けにワイナリー紹介が行われるイベントに、

通訳として参加してきました!

メッシーナのワイナリーCambria Vini

こちらワイナリーの外観。入口のアーチの所に、

フルーツとして食べるぶどう、写真では見えませんが、

右側にこちらのワイナリーで作られているワイン用のぶどうの木が

並べられています。

こちらのワインリーの代表的なワインが、このメッシーナでしか

作られていないノチェーラ(Nocera)というブドウを使ったワイン。

マメルティーノDOCとしても登録されています。

メッシーナのワイナリーCambria Vini

ワイナリーの中に入ると、すでにワインの香りでいっぱい。

メッシーナのワイナリーCambria Vini

地元の人が、大きな5L?10L?瓶をもって、次々に買いに来ます。

樽から直に瓶の中にワインを継ぎ足して購入します。

さて、3日間行われたこのイベントでは、

メッシーナのワイナリーCambria Vini

ブドウ畑の見学、醸造所見学、ワイナリー近辺の観光など

盛沢山のプログラムで、ワインはもちろんのこと、

地元料理も一緒に味わいました。ちょっとご紹介。

メッシーナのワイナリーCambria Vini

アンガス牛の生肉に、ノチェーラが合う!

メッシーナのワイナリーCambria Vini

ハーブがたくさん入ったシチリアソーセージ(サルシッチャ)や、

メッシーナのワイナリーCambria Vini

なんとノチェーラで煮込んだリゾット!?

この他にもたくさん食べて飲みました。確実に3キロは増えるイベントです(笑)

メッシーナのワイナリーCambria Vini

経営者の1人、ニノさんはとてもワイナリーへの熱い思いを持っている方。

説明にも情熱が感じられます。

ノチェーラを使用したワインをたくさん製造していますが、

私個人的に気に入ったのは、こちらの2つ!

メッシーナのワイナリーCambria Vini

ノチェーラ100%もおいしいですが、

ノチェーラとネーロ・ダーヴォラのミックス。「ジュリオ・チェーザレ」

メッシーナのワイナリーCambria Vini

そして、2015年にリリースされたばかりの、ノチェーラを使った

スパークリングワイン。

ぜひぜひ、珍しいノチェーラのワインを味わってみてください。

Siciliawayでは、シチリア島内のツアーや専用車手配を行っております。

ワイナリー訪問の専用車手配、日本語アシストなど、ぜひご相談ください。

お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

1212月

Buon giorno!!

今回は、パレルモにあるヴィッラ・マルフィターノ(Villa Malfitano)についてです。

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

イギリスのウィタカー家によって、1885年から1889年にかけて

ネオルネッサンス様式で建てられたお屋敷です。

残念ながら、私が行った時は結婚式の会場となって、準備が進められていたため、

早めに閉められたらしく、中の見学ができませんでした。

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

しかし、外の窓から中をのぞくと、中の家具や調度品がまた豪華なこと。

タイトルにも書きましたが、このお屋敷、ゴットファーザーでも使用されています。

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

パート3にて、コルレオーネファミリーが滞在するバゲリアの邸宅として

利用されています。

上が映画の中のシーン。下が私が撮影したもの。

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

ライオンが目印です!

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

よく見てみると、こちらのライオンとても愛らしい。

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

1匹は気持ちよさそうに寝ており、

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

もう1匹は半笑い(笑)こんな表情のライオン見たことがありません(笑)

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

そして、こちらの邸宅のお庭が広い。

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

珍しい植物が所狭しと生えています。

ゴットファーザーでも使用された、ヴィッラ・マルフィターノ

その中で…なんとウサギを発見!これは飼われているのか、野生なのか。

さすがに近づくと逃げてしまいました。

写真はありませんが、池もあり、亀もいました。

庭に入るのは無料!邸宅の中に入るのは有料です。

☆施設情報

 時間: 9:00~15:00

 休み: 日・祝

 入場料(邸宅内): 1階⇒€6、1階+2階⇒€9

 ※18歳以下は割引有

パレルモ中央駅から101番のバスに乗り、Liberta’ – Quintino Sellaで降り、

反対側の斜線から出ている、106番のバスに乗り、Dante – Villa Malfitanoにて下車。

Siciliawayでは、シチリア島内のツアーや専用車手配を行っております。

旅の計画についても、ぜひご相談ください。

お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

2811月

Buon giorno!!

前回に引き続き、ランペドゥーサ島旅行についてです。

最終日は、飛行機の時間まで町の中心地を歩いてみることにしました。

町の中心はローマ通り。Guitgia Beachからは、徒歩で20分くらい。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

歩く途中に野菜・果物屋さんがあり、話してみると、

この島ではほとんど作られておらず、シチリア本島から持ってきているとか。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

さて、ローマ通りに到着。観光客のほとんどがこの付近に泊まるとのこと。

レストランやお土産や、カフェやパブが立ち並びます。

9月中旬にもなると、閉まっている店もチラホラ。

ランペドゥーサ島といえば、海ガメが見れるとのことで、

海ガメグッズがたくさんあり、ローマ通りはそんなに距離がないのですが、

買い物していたら、1時間はとっくに過ぎます。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

こちら、ローマ通り沿いの教会。赤いクーポラに十字架。このミックスは

シチリアではよく見ますね。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

スキューバのレンタル屋さんもチラホラ。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

さて、お昼はNew Port Cala Salinaの道沿いで、人だかりができていた

お店に入ってみました。観光客と地元民、半々くらいでしょうか。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

看板はこちら。Pescheria Gianni。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

見にくいですが、このショーケースの中から、ほしいものを選べます。

また、側面に違う入り口があり、そこでは魚がまるごと並べてあり、

そのまま1匹調理してくれます!お値段は重さで決まります。

欲しいものを指差すと、大体1人前ずつ皿に盛って、温めてくれます。

それを、隣にオープンスペースがあり、机といすがあるので、

そこで食べることができます。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

今回注文したのはコチラ!!各々の大きさが大きい。

・タコサラダ

・メカジキのパン粉焼き

・メカジキ団子、トマトソースがけ

・えびとメカジキのパン粉串焼き

これに、ビール3本で35ユーロ。

海が目の前で、新鮮な魚が使われているため、どれもおいしい!

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島3

最後に、ランペドゥーサ島で自由に動きたい方は、

こちらの車なんかをレンタルできます!南国気分満載!

※国際免許が必要です

今はシーズンオフですが、夏は海もきれいで、バカンスにお勧めです。

Siciliawayでは、シチリア島内のツアーや専用車手配を行っております。

旅の計画についても、ぜひご相談ください。

お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓

 

2111月

Buon giorno!!

前回に引き続き、ランペドゥーサ旅行についてです。

2日目は、ランペドゥーサ島を船で1周する1日ツアーが

あると、ホテルの人に教えてもらいました。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

ホテルから徒歩10分の港(Porto Nuovo Cala Salinaの、via Alessandro Volta)に、

朝の10時くらいにいくとたくさんの船が並び、

みんな客引きをしています。値段も様々。

9月中旬で、大体€35~50/人。大抵ランチ付なので、ランチの豪華さや、

船の大きさによるのかなという印象です。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

ランチがフルコースの船もありましたが、そんなに食べ切れないので、

前菜とパスタだけよ~と言っていた、感じがよさそうなお母さんの船にしました。

昼ごはんと飲み物付で€35/人。安い!!

乗り合いの船なので、他に10名ほどお客さんがいました。

今回は、全部イタリア人でしたが、8月のハイシーズン時期には、

外国人ばかりになるそう。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

船にあがる時に履いている靴を回収されて、みんな裸足で乗り込み、さあ出発!

※船に着替えるところがないので、ホテルを出る際に

服の下に水着を着用しておき、バスタオルを持参してください。

中では、若い船長さんと15歳くらいの男の子が手分けして

テキパキと料理し始めました。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

ランペドゥーサ島を1周しながら、所々で止まってくれて、

みんな海に入ります。私は泳げないので、救命用の浮き輪をつけて(笑)

透明度が高いので、魚が見える見える!

ゴーグルを持っていくことをお勧めします。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2 シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

船の中のキッチンを覗くと、新鮮なイカと赤いボラを発見!

おいしそう…なにができるか楽しみにしながら、

海に引き続きはいります。ひたすら海を楽しむツアーのため、

どうがんばっても日焼けします(注意)

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

しかし、船でしか近づけないこんな所や、

ライオン岩(勝手に名前つけました) などを間近に見ることができます。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

ランペドゥーサ島の中でも有名なラビットビーチ(うさぎ浜)も、

遠めの写真でわかりにくいですが、海水浴客多い!

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

陸からアクセスした場合はこう見えます。きれいですねー!

陸からのアクセスは、中心地から出ているバスかタクシーだそうです。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

そんなこんなでお昼の時間。

前菜で出てきたのは、先ほどの新鮮な赤いボラと

アンチョビの酢漬けと野菜サラダ。シンプルだけどおいしい!!

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

その後、プリモピアットとして、

トマトソースとイカのスパゲッティ。これまたおいしい!

さらにフルーツとして、メロンが出てきました!

白ワインと水・コーラ・スプライトなんかも飲み放題。

そして、お決まり(笑)の音楽が流れ、みんな踊る踊る。

他の船の人たちも、みんな近づいて一緒に踊っていました!

やはり、ラテン系!すごく楽しかったです。

シチリアとアフリカの間にある島ランペドゥーサ島2

最後に、有名な船が浮いて見える写真を撮ろうと頑張っていたら、

できました(?!)海底が白い砂の上に船が止まると、撮れます!

10時半~18時くらいまでのツアーで、十分に満足できて、

昼食付でこの値段は最高ですよね!!

さて、続きはまた次の回で。

Siciliawayでは、シチリア島内のツアーや専用車手配を行っております。

旅の計画についても、ぜひご相談ください。

お問い合わせはコチラから。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

↓イタリアのホテル予約なら、安心でお得なBooking.comからどうぞ♪↓