エオリエ諸島(Isole Eolie)各島の見所

~各島を簡単に紹介!~

リパリ島(Lipari)

エオリエ(エオリア)諸島の各島について

エオリエ諸島の中で一番大きいのがここリパリ島。

7つの島のメインとなる為、エオリエ諸島はリパリ諸島と呼ばれることもあります。

白い軽石で構成されている部分がある為、白山とも呼ばれています。

夏季のシーズン中には、常に観光客で一杯のリゾート地。

日本人の知名度は低いですが、ヨーロッパ人憧れのリゾート地なのです。

リゾートとしての華やかなイメージも強く、ホテルやおいしいレストランも多いです。

島のあちこちに残されている重要な遺跡や、古代建築物も重要となっています。

ヴルカーノ島(Vulcano)

ヴルカーノとはイタリア語で火山という意味。エオリエ(エオリア)諸島の各島について

名前の通り、島内にはいくつかの火山があります。

7つの諸島のうち、シチリア島に最も近い場所に位置するのがヴルカーノ島。、

自然を満喫しながらゆっくりとした滞在を楽しむと言う方にお勧めです。

この島で最も有名なのは、海岸沿いにある泥温泉。

硫黄の臭いはかなりきついのですが、入ればお肌がつるつるになります。

是非、美容のために試してみましょう。

サリーナ島(Salina)エオリエ(エオリア)諸島の各島について

「イル・ポスティーノ」(日本アカデミー外国作品賞受賞作品)と言う、

15年ほど前の映画のロケ地としても有名。

映画内では、サリーナ島の美しい大自然が端々で見て取れていました。

“神の蜜”と呼ばれる“マルヴァシア”という甘口ワインと、ケーパーが名物です。

島のおいしい水ですくすく育つブドウ畑が溢れており、ワイナリーも数件あります。

ストロンボリ島(Stromboli)エオリエ(エオリア)諸島各島の見所

昼間は煙の上がる島のシンボルとして知られています。

いつも、日が暮れると火山の赤い溶岩が吹き上げる様子を見ることが出来ます。

船上から赤い火山を見ることができる、日帰りミニクルーズがお勧め!

ここは、活火山島で現在も小さな爆発を続けているところ。

1949年の「ストロンボリ、神の国」と言うイタリア映画でも有名。

島の大部分が山で出来ており、山の麓周辺に、町があります。

パナレア島(Panarea)パナレア島

最も小さい島ですが、若者から一番人気なのがここ。

ナイトスポットや高級ホテルなどが一番多いのがその理由でもあります。

夏には、時には有名人VIPが訪れることも。

その為、高級リゾート地として知られています。

他の島に比べると物価も少し高めです。

夏には、有名人に遭遇してしまうこともあるかも!?