エトナのワイナリー、Tenuta di Fessina。

フィレンツェ出身のSilvia Maestrelliがエトナに魅せられ、

ワイン畑を購入しワインを作り始めたワイナリーです。

日本にも輸出されています。

エトナに昔からあるブドウ農家の土地を買い取ったということで、

醸造所見学の際に見せてくれたのが、昔のワイン醸造所。

エトナの北東部のワイナリー、Tenuta di Fessina

こちらの部屋はブドウを絞る場所。反対側に傾斜のついた窓があり、

女性が外から収穫したブドウを部屋の中にいれ、部屋の中では男性がブドウを踏み潰します。

部屋の床には傾斜がついており、中央にある穴の中にブドウ汁は流れ、隣の部屋へ。

エトナの北東部のワイナリー、Tenuta di Fessina

この部屋にぶどう汁がたまります。この中に人がはいり、

歩き回ることで撹拌していたようです。壁についている

木の出っ張りは、人が掴まる用だとか。

エトナの北東部のワイナリー、Tenuta di Fessina

そして、こちらはブドウの皮をさらに圧縮し

最後の最後までブドウ汁を絞りとる機械。

貯蔵庫なども見学した後は、さっそくティスティングへ

エトナの北東部のワイナリー、Tenuta di Fessina

ぜひ味わって頂きたいのは、ネレッロ・カップッチョ100%のLaeneo。

エトナにはたくさんワイナリーがありますが

ネレッロ・カップッチョ100%を作っているワイナリーは少ないです。

エトナの北東部のワイナリー、Tenuta di Fessina

ネレッロ・マスカレーゼ100%のIl Musmeciもおススメです。

エトナの北東部のワイナリー、Tenuta di Fessina

ぶどう以外にも野菜を作っており、ここでとれた野菜などで作った

料理をワインに合わせて出してくれます。これがまた絶品。

こちらのワイナリーは宿泊も可能。

ワイン畑を眺めながら、ゆっくりと滞在が可能です。

こちらのTenuta di Fessinaを始め、日本語通訳付きで

エトナ山周辺でワイナリー巡りをしたいという方は是非お問い合わせを。

タオルミーナ発着のこちらのプランもお勧めです!

①タオルミーナ発着エトナ山二大ワイナリーツアー

②タオルミーナ発着エトナワイナリー+料理教室プラン