シチリアの定番の夏朝食グラニータとブリオッシュのレシピ

シチリアの定番の夏朝食グラニータとブリオッシュのレシピ

29Apr

Buon giorno!4月も残りわずかで、シチリア島も日中は暖かくなってきました。

暖かくなってきたら、シチリアの人が恋しがる朝食は、

グラニータとブリオッシュ!通常はバール(カフェ)にて

食べるのですが、新型コロナの影響で外出できないので、

友人達は家庭で作るようになりました(笑)

人間頑張ればなんでもできる!(笑)

今日はそのレシピを教えてもらったので、ぜひ日本でも試したいという方、

作ってみてください。

シチリアの定番の夏朝食グラニータとブリオッシュのレシピ

★グラニータ(イチゴ)

材料:粉砂糖250g、イチゴ400g、氷800g、レモン汁50g

作り方:イチゴを綺麗に洗い、ヘタを取って4当分にする。

ミキサーにイチゴ、氷、レモン汁を入れて、最初は回転速度は

遅めに設定して混ぜ合わせ、液状になってきたら、

回転速度を上げてなめらかに、ダマがなくなるまで混ぜ合せたら、

グラスに盛り付け完成!お好みで生クリームを上にトッピングしてもOK

シチリアの定番の夏朝食グラニータとブリオッシュのレシピ

★ブリオッシュ

材料:薄力粉500g、牛乳150g、卵2個、バター100g、砂糖140g、

バニラエッセンス適量、オレンジエッセンス適量(あればでOK)、

ビール酵母4g

作り方:①薄力粉、砂糖、バニラエッセンス、オレンジエッセンス、卵を

ボウルにいれ、泡だて器でよく混ぜる。

②牛乳にビール酵母をいれ、溶かす。

③②を①に少量ずつ入れて、よく混ぜる

④バターを5等分し、③に1欠片ずついれ、溶けてなめらかになるまで混ぜる。

⑤④の生地がよくまざったら、30分ほど休ませる。

⑥まな板の上に小麦粉を振りかけ、⑤の生地をこね、80gずつに分けていく。

⑦小分けにした80gを更に、50g(下の土台部分)と30g(上のぼっち部分)

に分けて、写真のような形に仕上げる。

⑧オーブン用の鉄板に完成した⑦を並べ、1晩置いておく。

⑨オーブンを220度に温める。

⑩ブリオッシュの上に、溶いた卵をハケで表面に塗る。

⑪⑩をオーブンにいれ、200度に設定して、キツネ色になるまで焼きあげる。

⑫焼きあがったブリオッシュを外に出して、冷ませば完成!

シチリアの定番の夏朝食グラニータとブリオッシュのレシピ

ちょっと手間はかかりますが、自宅にいて時間がある今こそ

作るチャンスです(笑)ぜひ、試してみてください。

二つのランキングに参加中!クリック投票お願いします!

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村

Share Post

About Author

コメントを残す