メッシーナのレストラン「casa putia」

メッシーナのレストラン「casa putia」

11Aug

Buon giorno!

前回に引き続き、メッシーナのレストラン情報です。

夏の間は毎週地中海クルーズが毎週のように寄港するメッシーナ市。

そんな港の近くにある、おススメシチリア料理を食べる事のできるレストランです。

メッシーナ市役所のすぐ側にあり、クルーズ客も夏は多いですが、

地元のお客さんも多く、店内はエレガントな雰囲気が漂う落ち着いた雰囲気のレストランです。

前に訪れた時に食べた料理をご紹介します。

メッシーナのレストラン「casa putia」

前菜の前のお通しで、Frittata al basilico(バジル入り卵焼き)。

シンプルですが、フレッシュバジルの香りが口の中に広がります。

メッシーナのレストラン「casa putia」

前菜1品目は、Polpo(タコのグリルとストラッチャテッラチーズ)。

タコが大きい!ストラッチャテッラチーズはモッツァレラチーズを繊維状にして、

生クリームとあえているフレッシュチーズで、

どちらも素材自体がすでにおいしい!

ペロッと食べてしまう一品。

メッシーナのレストラン「casa putia」

前菜2品目は、Triglie(メバルのパン粉挟みと、赤玉ねぎのペースト+フライ)。

シチリア料理によく使われるパン粉にチーズとパセリを混ぜたものを魚でサンドイッチし、

オーブン焼きしたもの。付け合わせの赤玉ねぎのペーストとフライが絶品。

メバルと一緒に食べるとおいしさ倍増。

メッシーナのレストラン「casa putia」

前菜3品目は、Galletto(パン粉とロバ肉のハムとマイオルキーノチーズの若鳥ロール、

付け合わせでジャガイモとトマトと玉ねぎのオーブン焼き)。

マイオルキーノチーズは、メッシーナで作られる羊のチーズです。

ロバ肉のハムは、歯ごたえが強くピンク色のハムで、

あまり見かけない貴重なハムです。

羊のチーズのクセがいいアクセントになっています。

メッシーナのレストラン「casa putia」

お次は、プリモ1品目はRicciola e fiori di zucca(ズッキーニの花と

トラパニのレモン塩のペーストにブリのぶつ切りのせパスタ)。

苦くなく、ほんのり甘いズッキーニの花のペーストを、

イカをぶつ切りにしたような形のパスタにあえて、

上に生のブリのぶつ切りが乗っているパスタ。

ズッキーニの花が日本では珍しいと思うので、ぜひチャレンジしてみてください。

メッシーナのレストラン「casa putia」

プリモ2品目は、Rosso & Nero(イカスミを練りこんだパスタの

アーリオ&オーリオ。上に生の赤エビのぶつ切りのせ)。

エビは、甘みの強いMazara dello valloの赤エビ。

素材の旨味が最高潮に引き出されています。

セコンド(メイン)に行こうと思ったのですが、

ここでお腹一杯になり、ギブアップ。

メッシーナのレストラン「casa putia」

最後に、今回のワインを紹介します。

メッシーナのワイナリー、Le Casematteの「Peloro」という白ワインです。

グリッロとカリカンテのミックスで、すっきりな味わいの中にも、

フルーティーな香りが広がり、魚料理との相性ピッタリで、

飲みすぎて酔っ払いそうになるワインです。

今回紹介したメニュー以外も、まだまだ美味しそうなメニューがあり、

次回また挑戦したいと思います。

ぜひ、メッシーナ市を訪れる際は、立ち寄ってみてください。

★レストラン情報★

Casa putia(http://casaeputiaristorante.it/)

二つのランキングに参加中!クリック投票お願いします!

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村

Share Post

About Author

コメントを残す