シチリア と言えば、やはり美味しいもの!

シチリアで是非食べるべき郷土料理、シチリアグルメ情報を、一部になりますがご紹介いたします。

前菜(Antipasto アンティパスト)

Caponata(カポナータ)

揚げナスとオリーブ、その他野菜の煮込み料理です。

調理に砂糖とお酢が使用されているので、甘酢風の味。

人や地域によって使用する野菜が異なる場合アリ。

Parmigiana(パルミジャーナ)

メイン料理として扱われることもある一品。

揚げナスとトマトソース、ハムなどを重ねてオーブン焼く料理。

Insalata di arance (インサラータ・ディ・アランチェ、オレンジのサラダ)

シチリアと言えばオレンジ!これを塩とオリーブオイル、バルサミコ酢で味付けた特殊な料理。

Antipasto siciliano misto (アンティパスト・シチリアーノ・ミスト、シチリア風前菜盛り合わせ)

レストランによって様々ですが、多くの場合はチーズ、ハム、サラミなどの盛り合わせは大概必須です。

その他、お店によってはカポナータやアランチーニ(ライスコロッケ)などが付くことも。

Zuppa di Cozze (ズッパ・ディ・コッツェ、ムール貝のスープ)

ムール貝をトマトと一緒に煮込んだもの。

スープと言うよりは、大きくてたくさんのムール貝に驚くことでしょう。

Antipasto misto di mare (アンティパスト・ミスト・ディ・マーレ、魚介の前菜盛り合わせ)

タコのサラダは多くの場合付いていることが多いです。

その他魚介のフリットや海老のカクテルなど。

パスタ、リゾット類(Primo piatto プリモ・ピアット)

Pasta alla Norma (パスタ・アッラ・ノルマ)

揚げナスとトマトソースのパスタの上に、シチリア特産のリコッタチーズを上から降りかけたもの。

Pasta cone le sarde(パスタ・コン・レ・サルデ イワシのパスタ)
イワシとフィノッキエットと言う香草で作ったソースのパスタ。
元々はパレルモが発祥の地とされており、パレルモ風にはパン粉が入れられます。

Pasta con i ricci (パスタ コニ リッチ ウニパスタ)

シンプルにウニとガーリック、オリーブオイルで作られた濃厚なソース。

ウニ好きにはたまらない一品です。

Baciami sulla bocca (バーチャミ・スッラ・ボッカ)

特殊な名前を持つこの一品、“口にキスして”と言う意味です。

揚げナスの中にトマトソースのマカロニを入れ、オーブンで焼いたもの

メイン料理(Secondo piatto セコンド・ピアット)

Braciolettini (ブラチョレッティーニ 肉ロール)

薄切り肉の周りにオリーブオイルとパン粉などを付けた中に、具を入れたもの。

中身は、ハムやチーズ、野菜を入れる場合など様々。

Pesce spada alla griglia (ペッシェ・スパーダ・グリッリア カジキマグロのグリル焼き)

カジキマグロの分厚い身をグリルで焼いて、シンプルにオリーブオイルと塩で味付けしたもの。

Insalata di pesce stocco (インサラータ・ディ・ペッシェ・ストッコ 干しダラのサラダ)

塩で味付けた干しダラを、オレンジやレモンと一緒にサラダにしたもの。

Tonno con cipolle (トンノ・コン・チポッレ マグロの玉ねぎ和え)

マグロを玉ねぎの甘酢ソース煮込みと一緒に和えたもの。

日本人好みの味。

Fritto misto al mare (フリット・ミスト・アル・マーレ 魚介のミックスフライ)

タコやイカ、小エビや小魚などのミックスフライ。

デザート(Dolce ドルチェ)

Cannolo (カンノーロ)

筒型に揚げた小麦粉の生地の中にリコッタクリームやチョコレートクリーム等を詰めたもの。

ピスタチオの粉がかけられていたり、ドライフルーツが入っていたりします。

Cassata (カッサータ)

砂糖とリコッタを混ぜたリコッタクリームを使ったケーキ。

スポンジケーキとクリームが層になっており、ドライフルーツが入っているのが定番。

Frutta Martorana (フルッタ・マルトラーナ)

アーモンドと砂糖の生地で作られたクッキー。マジパンと言った方が分かりやすいでしょうか。

形は、フルーツや野菜などで本物みたいに色づけされています。

Granita (グラニータ)

ご存知シチリア名物のシャーベットです。

味は、レモン、ストロベリー、桃からコーヒー、アーモンド、ピスタチオまで様々。

ブリオッシュと言う菓子パンと一緒に食べるのが主流です。

B級グルメ(Street food)

Arancino (アランチーノ)

シチリア風のライスコロッケ。定番はミートソースが入ったもの。

その他、ほうれん草入りやハムとチーズ、エビとズッキーニなど種類は様々。

Pane e Panelle (パーネ エ パネッレ)

パレルモの名物ストリートフードです。

ヒヨコマメのペーストをフライしたものを味付けて、パンに挟んだもの。

Pani ca meusa (パーニ・カ・メウサ 脾臓煮込みパニーノ)

パレルモ名物のいわゆるモツ煮込みパニーノ。豚の脂と煮込んだ脾臓をパンに挟み、レモンの汁とチーズをたっぷりかけたもの。

一度食べるとクセになります!これを食べればあなたもパレルミターノ!

Couscous (クスクス)

北アフリカ発祥の一品ですが、シチリアでも定番の一品。

粗引きのセモリナ粉と水で作られた粒粒をオリーブオイルなどで蒸したもの。

魚介とソースで食べることが多く、スープが良く染み込んでいてパサパサ感がないのが特徴。

SiciliaWayのグルメ情報は、SiciliaWayのブログでもご紹介しております!