マルサラ・ワインの名産地である、シチリア西海岸に位置するマルサラ。

ここの土地で伝統的に作られてきたワインに価値を見出し、

強い信念でワインを作り続けた故マルコ・デ・バルトリ氏が創業したワイナリーがMarco De Bartoliです。

マルコ氏は残念ながら2007年に他界しておりますが、

現在は三人のお子さんが立派に跡を継がれています。

ヴェッキオ・サンペリという伝統的手法で作られたワインが最も有名。

ワイナリー、マルコ・デ・バルトリ(Marco de Bartoli)訪問

現在一般的に流通されているマルサラ・ワインは(マルサラワインとは?こちらをご参考に)、酒精強化ワインと呼ばれています。

醸造過程においてアルコールを添加するのが一般的なのですが、一言にマルサラワインと言ってもレシピや含まれる砂糖の量、熟成期間によって多種多様。

ここデバルトリでは、なるべく自然なレシピを使い、なおかつ、長期熟成をモットーにマルサラワインを作り続けています。

ワイナリー、マルコ・デ・バルトリ(Marco de Bartoli)訪問

また、マルサラワインだけでなく、ここマルサラの土着品種であるグリッロのスパークリングワインや白ワイン、土着品種のピニャテッロの赤ワインなど、色々な種類のワインを製造されています。

マルコ・デ・バルトリのワインは、日本へも輸出されています。

ワイナリー内には、1世紀以上前のマルサラ・ワインも。

施設内を見学した後には、各ワインのテイスティングを行います。

色々な種類や、年代物のマルサラ・ワインを味見できる事なんてそうそうないので、

とても貴重な体験が出来るでしょう。

ワイナリー マルコ・デ・バルトリ(Marco De Bartoli)訪問を、

専用車と日本語通訳付きで希望される方は是非お問い合わせを!

パレルモ発着のこちらのプランもお勧めです!

①パレルモ発着マルサラの二大ワイナリー訪問ツアー

→②パレルモ発着ドンナフガータ&塩田&エリチェ訪問ツアー

パレルモ発着でマルサラを始め各ワイナリーを一日で複数周遊プランをカスタマイズ出来るサービスも人気となっております。

詳細はこちらから。