SiciliaWay(シチリアウェイ)は、シチリア島に本拠地を構える現地会社です。

イタリア各地でのテレビ、CMなどの撮影コーディネートを行います。

テレビ番組、ドキュメンタリー、雑誌、ガイドブックの取材、雑誌撮影など、

シチリア島を中心にイタリア国内の海外ロケの全面的なコーディネートをプロフェッショナルに行います。

シチリア 以外に、ローマ、ミラノ、フィレンツェ、サルデーニャ島、カラブリアなど各地での撮影コーディネートの実績がございます。

コーディネーターは日本人または日本語を話すイタリア人ですので、細かいご要望にお応えすることが可能です。

イタリア各地で撮影コーディネート

企業やブランド等のCMの撮影代行も行っております。

現地のモデルさんを使ってのCMはとにかくカッコ良いです。

地元に顔の効く弊社のスタッフが、迅速なアドバイスをさせて頂きます。

以下の様なサービスを提供します。

撮影の為のリサーチ(ネタ探し、情報の裏どり、映像使用許可など)

ロケハン

・各機関(博物館、美術館、教会、公共機関、店、レストランなど)の許可申請

・撮影時の通訳、翻訳

・機材・キャスティングの手配

・空撮手配

・移動時の車両手配

・撮影クルーの滞在先手配(ホテル、移動方法、レストラン予約など)

・CMやドキュメンタリーの撮影又は取材代行

イタリア各地で撮影コーディネート

コーディネート実績については、こちらのページをご覧くださいませ!

イタリア各地で撮影コーディネートのお問い合わせ先

オフィス電話番号:(+39)0902130696
担当者携帯番号:(+39)3288433038

Email:info★siciliaway.com又はkominato★siciliaway.com
(★を@に変えてください)

又はお問い合わせフォームから。

※ウェディングフォトの撮影に関しては、SiciliaWeddingへ。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ

大きさにして四国と九州の間程度と、一般的に想像されるよりずっと広いシチリア島。

島内には、パレルモ、アグリジェント、タオルミーナ、シラクーサ等見どころはたくさん点在しています。

シチリア島は、バスや電車等の交通機関が不便な為、

シチリアで観光地を快適で安全に周遊するには、専用車(タクシーやハイヤー)の手配がおすすめです。

荷物の心配をすることなく、プロの運転手さんと快適に旅が出来ます。

SiciliaWayがシチリア島内の移動で専用車・タクシーを手配します

シチリア島内の移動で専用車・タクシーを手配します

専用車手配の料金はこちらのページから。

単純な送迎、トランスファー以外にも、一日の間に各地を周遊したい!と言う方にもおススメ。

最も人気のプランは、

・パレルモ発着でアグリジェントとピアッツァ・アルメリーナのカザーレの別荘を周遊

・シラクーサ発着でノート、モディカ、ラグーサを周遊

のふたつのプランです。

シチリア島内の移動で専用車・タクシーを手配します

サイトに載っていない行程でも柔軟に対応が可能となっております。

ほとんどのドライバーさんは英語を話し(リクエスト頂ければ確実に手配します)、不安な方は

日本人のアシスタントを付けることももちろん可能!

お気軽にお問い合わせ下さいませ!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

SiciliaWayよりbuongiorno!

シチリアを訪れると、必ずと言って良いほど目にするお菓子。

野菜やフルーツを象った、アーモンドのペースト(アーモンドの粉と砂糖)で作られたもの。

マジパン、と言った方が馴染みがあるでしょうか。

ここシチリアでは本当に本物のフルーツや野菜と見間違えてしまうようなものから、

ちょっと偽者感満載なものまで、大きさも出来栄えも様々!

リアルなシチリアのフルッタ・マルトラーナ☆

こちらは、あるお菓子屋さんで見かけたリアルなシチリアのフルッタ・マルトラーナ。

レモンもトマトも本物みたいじゃないですか!?!?

一個一個を自分の手で形作っている場合もあるらしい・・・。感心!

味は、本当に甘々ですが、見た目の楽しさについ買ってしまったりする。

遊び心満載のお土産にはお勧めです。

味は・・・とっても甘いです!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

↓人気ブログランキング↓


人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

世界遺産としても名高い、ピアッツァ・アルメリーナのカザーレの別荘。

そこに併設されているお土産屋さん内で見つけました。

色使いが可愛い!シチリアの伝統荷車(Carretto siciliano)

色使いが可愛い!シチリアの伝統荷車(Carretto siciliano)です。

しかもシチリアのオレンジが山積み。

この荷車は、シチリアを旅しているとちょこちょこ見かけることもあると思います。

鮮やかな色使いと派手な装飾が特徴的ですね。

例えば、お土産屋さんにミニチュアが置いてあったり・・・・。

色使いが可愛い!シチリアの伝統荷車(Carretto siciliano)

この荷車は、18世紀頃に実際に人や農作物等を運ぶ為に使われていました。

元々は貴族用だったので、こんな派手な作りになっているのだとか。

各パーツの装飾、彫刻などが非常に細かいので、

本当に多くの職人さんによって作成される大作でした(経済を回す重要な役割を担っていたということ!)。

今は、シチリアの伝統のお祭りなどで使われることが多いです。

地域や場所によって違うカレット・シチリアーノを見つけてみましょう!!

SiciliaWayはプライベートなシチリアの旅をコーディネートいたします。

専用車や日本語ガイドの手配など、お気軽にお問い合わせくださいませ。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

↓人気ブログランキング↓


人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

プラネタ社と言えば、シャルドネのイメージが非常に強く、

かくいう私もプラネタのシャルドネの大ファンです。

ですが、今回は新しいものにもチャレンジしよう、ということになり、

プラネタの新ワイナリーエトナSciara Nuovaで作っているワインを味見しました。

プラネタ社のエトナワイン『Carricante』です。

葡萄畑の位置は標高870メートル地点。

夜の気温がかなり低くなるこの辺りの葡萄の収穫時期は、

品種によってやや異なりますが、こちらは10月初旬頃です。

プラネタ社のエトナワイン『Carricante』

品種は名前の通り、カリカンテ(Carricante)。

エトナのワインの特徴として一番に挙げられる、ミネラルたっぷりの、

非常にフレッシュな味わいとなっております。

ワインの色はこんな感じ。

プラネタ社のエトナワイン『Carricante』

次々とシチリアにて新しいワイン造りに挑戦しているプラネタ社。

実は2010年から私の住んでいる近郊のミラッツォ近郊にも葡萄畑を購入され、

特産赤ワインである『マメルティーノ』を作るプロジェクトが進んでいるのだとか。

この『マメルティーノ』は、ローマ時代にジュリアス・シーザーが愛飲していたと言われています。

早く飲んでみたいです☆楽しみ♪

SiciliaWayはワイナリー訪問を始め、プライベートなツアーのコーディネートを行っております。

お気軽にお問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

↓人気ブログランキング↓


人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

世界中にファンの多いドンナフガータ(DonnaFugata)のワイン。私も個人的に大好きなのです。

先日、このドンナフガータのスプマンテBrut賞味!しました。

品種はシャルドネとピノノワールです。

ドンナフガータのスプマンテBrut賞味!

辛口で、ドンナフガータ初のスプマンテ!

ラベルが相変わらず可愛らしい☆☆

非常にきめ細かい泡と爽やかな香りが特徴です。

イマイチ気の利いたコメントができないのが歯がゆいですが・・・(涙)

この日は、魚介に合わせました。プリモは、ウニのパスタ。

ドンナフガータのスプマンテBrut賞味!

キンキンに冷やして、夏の暑い日のアペリティフに良さそう。

癖がなくスッキリした味わいなので、飲みやすいです!お勧め☆

SiciliaWayはシチリアの旅をコーディネートいたします。

美食を満喫する旅など、ご希望をなんなりとお問い合わせ下さいませ。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

↓人気ブログランキング↓


人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

年々注目が集まっているエトナ山のワイナリー達。

中でも世界的に評価が高いのがベナンティ(Benanti)です。

そこで今回は、エトナのワイナリー、ベナンティ(Benanti)訪問!

ベナンティのワインは日本やオンラインでも購入が可能で、ファンも多いです。

活火山の火山灰入りの土壌で育てた葡萄による質の高いワインが提供されています。

エトナのワイナリー、ベナンティ(Benanti)訪問!

こちらは、ワイナリーのすぐ側に広がる葡萄畑。

葡萄は全て手作業で行われる為、一つ一つの木が丁寧に育てられています。

このワイナリーは非常に歴史が長く、始まりは1800年代末に遡ります。

現在の社長であるジュゼッペ・ベナンティさんの祖父がワイン作りを始めましたが、

その後しばらくはワイナリーは、手がつけられないままとなりました。

その後、1988年にジュゼッペさんが祖父の情熱を受け継ぎ、

最高の質のエトナワインを作ろうと研究を始め、事業を軌道に乗せ、現在のベナンティに至ります。

エトナのワイナリー、ベナンティ(Benanti)訪問!

毎年、名誉ある様々なワインの賞を受けています。

エトナロッソのSerra della contissa(セッラ・デッラ・コンティッサ)や、

エトナDOCの白ワイン、スペリオーレのPetra Marina(ピエトラ・マリーナ)は、

ガンベロロッソの『Guida dei Vini』で、最高評価のトレビッキエリを受けています。

こちらのワイナリーBenanti(ベナンティ)の訪問とテイスティングが可能です。

ワイナリー訪問は、施設と葡萄畑訪問が1時間、テイスティングが2時間と内容は濃いです。

エトナのワイナリー、ベナンティ(Benanti)訪問!

5種類のワインとシチリア特産物のおつまみがテイスティング出来ます。

テイスティングは全部で2時間ですので、説明付きで非常に勉強になります。

上記に挙げたワインの他に、

エトナならではのネレッロマスカレーゼとネレッロカップッチョの単種のワインも飲み比べ出来ます。

エトナのワイナリー訪問に興味がある方は、是非お問い合わせ下さい!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

↓人気ブログランキング↓


人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

シチリアの中で陶器の町、と言えばここカルタジローネ。

シチリア後期バロック様式の町として、世界遺産にも登録されております。

ここにあるマヨルカ焼きタイルの長階段は、あまりにも有名。

正式名は、サンタ・マリア・デル・モンテ階段と言います。

この階段は全部で142段もあり、駆け上ると足がガックガックになります(苦笑)。

花祭りにも注目!@カルタジローネ

この長階段にマヨルカ焼きのタイルは一段一段デザインが異なるものとなっています。

毎年夏前には、花祭りというものが行われます。

なかなか正式な日程が出ていなかったのですが、

今年は4月24日から6月4日に決定致しました。

毎年異なるのですが、お花入りの植木鉢で一つのデザインが作られます。

花祭りにも注目!@カルタジローネ

ちょっと分かり辛いけど上の写真もそうです。

こちらのカルタジローネの市のページからは過去の写真も見れます。

この時期にカルタジローネを訪れる方は注目してみて下さいな。

もちろん、陶器屋さんめぐりも楽しい☆

花祭りにも注目!@カルタジローネ

ほとんどのお店が工房が併設されていて、色付けのシーンなどが見れるかも!

完全に手作りなので一点ものが多く、「このお皿6セット欲しい!」となるとオーダーする必要あり。

持ち帰り用にきちんと梱包してくれるので、スーツケースの中でも安心!

カルタジローネの陶器はお土産にお勧めです。

SiciliaWayは、シチリアのプライベートな旅をコーディネートします。

お気軽にお問い合わせください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

↓人気ブログランキング↓


人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

シチリア・・・って言うと肉のイメージって少なくて、

レストランでご飯を食べると、魚介の方が断然多い気がするのですが・・・、

ちゃんと美味しいお肉だってあるんですよ~。

お客様にも「シチリアってお肉食べるんですか?」と良くきかれます。

シチリアでも牛ステーキ食べますよ。

牛だけでなく、豚、鶏、また、羊やウサギなんかも食べます。

昨日、お肉が美味しいレストランに友達とディナーに出かけました。

牛フィレステーキのピンクペッパー・クリームソース。

シチリアでも牛ステーキ食べますよ☆

肉が結構・・・・ぶ厚かった~~!

付け合せに、ローストポテトと(上にちょこんと乗った)アスパラガス。

料理のデコレーションがとっても可愛い♪

牛肉フィレって体にも健康にもとっても良いんですよ~。

こんなにがっつり生クリーム入ってたら、ダイエット向きではないですが(苦笑)。

お醤油かけて食べたい☆

これからは、フィレを定期的に食べよう、と思った夜でした。。。

Siciliawayではシチリア島内の専用車手配やオプショナルツアーの

手配を行っております。可能な限り、お客様のご要望通りの

ツアーをコーディネート致しますので、まずはお問合せください!

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村