シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

19Oct

Buon giorno!!

9月の初旬にお仕事で、シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学に行って参りました。

シチリアでピスタチオと言えば、エトナ山の麓の町ブロンテがおなじみです。

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちらブロンテのピスタチオは2年に1回しか収穫が行われません。

そうすることで、収穫の年に風味が豊かで質の良い実が収穫できるのだとか。オリーブでもこの方法を取るところもあります。

実がなってしまう前に、全部落としてしまうんだそう。←もったいない!!

今年の夏が猛暑だったため、

収穫が少し早まっていましたが、ちょうど収穫の時にお邪魔させていただきました。

日本ではコンビニのおつまみコーナーでしか見たことなかったのですが、

こちらシチリアでは、もちろんお菓子もですが、料理にも

ふんだんにピスタチオを使います。

ピスタチオは栄養価が高く、心臓と血管の健康に役立つ成分が多く含まれており、

ピスタチオ1食分(28グラム、約49粒) には、健康のために必要な

ビタミンやミネラルなどの栄養がたくさん含まれて、

約160キロカロリーしかないとのこと。

ピスタチオの生産国は(データは日本ナッツ協会のHP参照)、イランが世界一で全体の約50%を占め、

次いでアメリカ含衆国カリフォルニア州、トルコ、シリアの順。

特に風土の関係で収穫量が少ないフランス・スペイン及び

イタリアのシチリア島産のものが甘味、芳香が強く、もっとも良質と言われています!!

シチリアといえば、ピスタチオ!!と言ってもいいくらい。

さて、ピスタチオの木には、雄と雌があるということをご存知でしたか??

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちら、オスの木。

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちら、メスの木。

違いがわかりますか??

メスは実をつけますが、雄は実をつけません。

メスの木100本の中心に、オスの木1本を植えるだけで

実をつけます。なんてハーレム(笑)

収穫したピスタチオの周りの柔らかい皮をむきます(機械で)

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちらにいれて、機械で皮の部分と中の部分をわけてくれます

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

この奥に写っているのが、皮の部分。いい肥料になりそう。

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

そして、次は天日干しします。

オーナーの息子さんが、道具を使って、均等に太陽が当たるように

ピスタチオを転がしています。

そして、殻がついたままと、殻を向いた物に分け、

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

こちらが殻をむいたピスタチオ。いい色でしょ!?

シチリア、ブロンテのピスタチオ農家見学

その後、なんと手作りのピスタチオのジェラートを振舞っていただきました。

荒めにひいたピスタチオの粒がおいしい!

今まで食べたピスタチオのジェラートの中で一番でした!!

SiciliaWayでは、完全プライベートツアーを行っておりますので、

快適な専用車で、交通環境がまだまだよくないシチリアを効率的に

まわってみませんか?

ピスタチオ農家、私も是非行ってみたい!という方もぜひ、お問い合わせください。

二つのランキングに参加中!気に入ったらポチッと(o’▽’)σしてやって下さいな☆

人気ブログランキングへ

↓ブログ村のイタリア情報↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

にほんブログ村

ありがとうございます♪

Share Post

About Author

コメントを残す