パッティの大聖堂1(パッティ出身の聖人)

パッティの大聖堂1(パッティ出身の聖人)

11May

Buon giorno!

先日、メッシーナ県のパッティ市に行く用事があり、

少し時間があいたので、高台にある大聖堂に行ってきました!

大聖堂は高台にあるので正面入口からの海の眺めが最高です。

一番目についたのが、正面入口の扉の横の柱頭の彫刻です。

天使?もしくは人面鳥?の間に挟まれた人が「しまった!」

っていう風に手を口にしているような…(笑)

正面の扉は通常閉まっていて、側面に出入口があります。

こちらが側面の入口です。こちらから入ります。

正面の祭壇です。聖バルトロメオに捧げられた教会です。

正面向かって左側の祭壇です。大理石をふんだんに使っていて豪華です。

正面向かって右側は、パッティ出身の聖フェブロニアの祭壇です。

彼女は異教徒の家に産まれたのですが、キリスト教徒に回心し、

父親が決めた結婚を破棄して、キリストに一生を捧げようとしました。

しかし、父親が激怒してしまいます。聖フェブロニアは海岸近くの

洞窟に逃げますが、父親に見つかり殺されてしまいます。

父親は遺体を海に投げ入れます。

ここで奇跡が起き、大きな波が彼女の遺体をアマルフィ近くのミノーリまで運び、人々に発見されます。

そして、ミノーリにて聖トロフィメーナとして祀られることになります。

パッティとミノーリを結ぶ聖人。

ストーリーを知ると、観光するのもまた楽しくなりますよね♪

ミノーリにも行ってみたくなりました!

さて、今回はここまで。次回も引き続きパッティの大聖堂についてですが、

シチリア王国初代王のルッジェーロ2世の母のお墓について書こうと思います。

それでは!

Share Post

About Author

コメントを残す